文字だけの電子書籍とスマートフォンは相性がいい

iPhoneで読書するのは文字が見づらくて向かないと勝手に思っていました。でも、やってみると意外にいけました。ただ、漫画や雑誌、図が多い本は向かないです。


iPhoneって読書端末には向かないと思いますよね。

私もそう思っていました。

だって、iPadに比べて画面が小さいじゃん!

小さいと文字が小さくなって見づらくなるに決まってるじゃん!

無理ゲーだよ。

そう思っていたんですが、いざ本を読もうとするときにiPadを取り出すのはちょっとハードルが高かったりします。電車の待ち時間に文庫本を読むようにiPadを取り出すのはちょっと無理があるというものです。

iPadは読書端末としてすぐれているとは思いますが、それは「よし、読むぞ!」という気合を入れた読書のときにiPadを使うと、文字が大きくて読みやすいし、分厚い本を何冊も持ち歩かなくてもいいし、写真の多い雑誌や図の多い本を読むときは、iPadに限ると思います。

でも、ホームで電車が来るのを並んで待っているときにiPadを広げて本を読むのはちょっと勇気が入ります。文字が大きいし、たまたま小説なんかを読んでいてちょっとあれなシーンだったときに限って綺麗なお姉さんが後ろに並んでいたりすると、もう目も当てられません。

そこでiPhoneですよ、旦那。

iPhoneなら小さい分、文字も自分が読める範囲の大きさになり、ちょっと離れたところからは見づらくなります。成人向けのシーンでも堂々を駅のホームで読めちゃうわけです。フランス書院文庫を読んでいても誰もわかりません。

iPhoneにKindleを入れて、文字だけの作品はiPhoneのほうにダウンロードし、写真や図が多い作品はiPadのほうにダウンロードする。もちろん、混乱するといけないので、Tap Formsでやっている読書管理で、どの本を読んだかをちゃんと記録をつけながら、それを参照しながらダウンロードします。

文字は小さいけど端末のディスプレイが小さいので視線の動きが少なくて済むのと、持っていて重くないのは意外に嬉しかったりします。

iPhoneも意外に読書端末として使えるなと思った次第です。

そして、これはiPhoneだけではなく、Androidなどの他のスマートフォンでも言えることです。「タブレット持っていないし、電子書籍はちょっと…」と思っているなら、ぜひスマートフォンで電子書籍を試して見てください。

なお、漫画はやっぱりiPadなどのタブレットがいいです。