Webサービスに登録するのは退会方法を確認してからでも遅くない

Webサービスに登録するときに退会処理について確認していますか? 勢いで登録したものの、後々使わなくなって退会したいときに、退会できないと嘆くことがないように事前に確認しておきましょう。

新しいWebサービスがリリースされると、ついつい登録して試してみたくなってしまいますよね。一通りさわってそれほどおもしろそうじゃなかったり、そもそも使う目的もないまま登録して使い道がわからなかったりして、Webサービスにログインしなくなったりします。そして、Webサービスを退会することになるのですが、中には退会処理が面倒な手続きになっていたり、そもそも退会できなかったりするものもあります。

例えば、退会フォームでいろいろとアンケートが出てくるのはまだいいほうで、しつこく引き止めようとするメッセージを出したり、Webサービスなのにメールじゃないと退会処理を受け付けていなかったりします。ひどいところになると、サポートに電話する必要があったり、退会の難易度を上げて引き止めようとしていることが見え見えなところもあります。

退会処理が面倒で放置してしまうと、自分の個人情報が登録されたままになり、Webサービスがハッキングされることによる個人情報流出のリスクがつきまとってしまいます。余分な情報はすぐに削除してもらうのが一番です。そのためには、使わないWebサービスは放置せずに、きっちりと退会処理を行うようにしておきたいものです。

自分を守るためにも、登録する前に退会処理がきっちりとしていて、簡単な手続きで行うことができるかをFAQなどで確認しておくことをおすすめします。自分の個人情報を使わないWebサービスに残しておくことがないように、手当り次第に登録しまくるのも考えたほうがいいかもしれません。退会の手続きに不安があるなら、そのWebサービスは本当に自分が必要として使い続けるかをよく検討したほうがいいでしょう。

登録したもののあとで退会できないと嘆くことがないように、きっちりと登録のときに退路を確認しておくと安心です。

Webサービスに手当たり次第登録しまくっている人はご注意ください。