Yosemiteの三点リーダーの入力が煩雑…

OS X Yosemiteになって三点リーダー「…」の入力が煩雑になりました。でも、ショートカットキーを覚えれば簡単に入力することができます。

OS X Yosemite以前で三点リーダー「…」を入力するときは中点「・」を3回打って変換すれば表示されました。でもYosemiteでは「・・・」となってしまいます。三点リーダーを表示するには「・・・」と入力したときに一番最初の中点が変換の選択範囲になっているので、この選択範囲を三番目の中点まで広げてあげると三点リーダーになります。

めんどくせー!!

何かいい方法はないのだろうかと思って調べてみたらありました。

ショートカットキーを使う方法です。

[option] + [;]

マドカ、まじか!

できた!

optionキーが文字入力をしているときに微妙に押しづらい位置にありますが、「・・・」を頑張って変換の選択範囲を変えて三点リーダーに変えるよりもましです。

しかも、optionキーで入力できる文字はキーボードビューアを表示すれば調べることができます。

キーボードビューア

キーボードビューアは日本語IMのアイコンから表示できます。

キーボードビューア

「キーボードビューアを表示」が出てきていない場合は「システム環境設定」の「キーボード」で「メニューバーにキーボードビューアと文字ビューアを表示」にチェックを入れましょう。

カテゴリーMac