パイロットのコクーンの万年筆とボールペン

パイロットの万年筆とボールペンを購入しました。書き味はどうなのか、万年筆の方は裏移りはどうなのか、お伝えしたいと思います。

cocoon外箱

パイロット社の万年筆とボールペンを購入しました。購入したきっかけは、デザインがシンプルで格好よかったことと、価格がそれほど高くなかったこと。アマゾンで注文しました。

まずはボールペンです。

cocoonボールペン

プレゼントとしてそのまま渡しても恥ずかしくないようなしっかりケースに入っています。

cocoonボールペン

ボールペンの色はチタンを選びました。すっきりしたデザインで持ちやすいです。

cocoonボールペン試し書き

書き味はいい感じ。するするとした感じで書きやすいです。

次に万年筆の方も見ていきます。

cocoon万年筆

ケースは同じなので省きます。色はボルドーを選びました。

cocoon万年筆とインクカートリッジ

インクカードリッジはブラックが同梱されています。

cocoon万年筆

ペン先はFです。コクーンではFとMがあります。

cocoon万年筆試し書き

コクーンの万年筆も試し書きします。さらさら書けて気持ちいいです。LAMYのサファリと同じ紙で書き比べると、サファリでは感じていた紙に対する引っかかりがなく、なめらかにペン先を走らせることができます。

モレスキンを使っているので、モレスキンで書いてみました。

cocoon万年筆試し書き

意外に裏移りします。モレスキンではサファリのインクの方が相性がいいようです。

私はリーガルパッドをよく使っていますので、万年筆のほうはリーガルパッドでガンガン書いて、ボールペンのほうは普通に書類を書いたするときに使っていきたいと思います。