ブックダーツで本を汚さずマーキング

ブックダーツ

本を読んでいるときに気になったところをどうするかは人それぞれだと思う。マーカーや線を引く人もいるだろうし、ドッグイアといってページの角を折り曲げる人もいるだろう。私はどちらも好きになれない。本は汚すものだし、買って自分のものにしたのだから、どんどん書き込みを入れていくのがいいと読書術や仕事術について書かれた本でよく目にする。そうしたい人はそうすればいい。私は本を汚したくない。

本は読む度に新たな出会いがあるものと考えているからだ。読むときの精神状態や置かれている立場によって感じ方や得るものが違ってくる。一度読んだからもうわかっているところは読まなくてもいいとは考えない。だから本はできるだけきれいな状態で保存しておきたい。過去の自分がした書き込みに振り回されては、新たに得られるものも得られなくなってしまう。だからちょっとあとで参照したい場所があったとしても線を引いたり折り曲げたりする気になれない。

もうひとつ本を汚したくない理由がある。資料として頻繁に参照する本は電子化しておきたい。きれいな状態でスキャンしたほうが見やすいし、OCR処理をかけた資料を検索したときに、変な自分の書き込みに引っかかってほしくはない。だからきれいな状態を保っておきたい。

付箋紙を使うという方法もあるがこれも本を汚す。付箋紙は一見剥がした跡が付いていないように見えるが、実はうっすらと糊が残っており、年月が経つと跡になって残るのだ。だから付箋紙も使わないようにしている。汚すものだから、例えば図書館で借りた本に付箋紙を貼り付けるのはルール違反だ。

本を汚したくない場合は栞になるものを挟んでおくしかない。そこで便利なのがブックダーツだ。ブックダーツは薄いクリップ状になっていて紙に挟むことができる。糊で貼り付けたりするわけではないので、本を紙を汚すことはない。先がその名の通りダーツのような矢印状になっているので、ページのどの部分が気になったのか細かい部分まで指定できる。

本を汚したくないが気になる部分をマークしておきたい、そんなニーズを満たしてくれる。