3日間風呂に入らなかったあとの入浴が気持ちよすぎる

風呂に入ることができないまま3日間を過ごし、4日目にしてようやく入ることができました。やっぱり、風呂っていいですね。

先週の水曜日から咳が出ていました。

おかしいと思っていたら木曜日に体がだるくなり病院に行くことに。その日のうちから高熱も出て、寝たきりの状態が続きました。

高熱と吐き気に悩まされること3日間、ようやく落ち着いてきたなというところに何か違和感が。

気持ち悪いのです。

特に頭が。

頭皮を触ってみると、指にぎとぎとの油が付着して自分でも触るのが嫌になってしまいました。髪型なんかもう残念な感じで、むかし学生の頃によくいた(いまでもいるのかな)、”あいつ絶対風呂入ってねぇだろ”っていうやつの、ちょっと油っぽくってぺたっとなった感じのやつそっくり。

ああ、そういえば寝込んでから3日間風呂に入っていなかったな。

頭はまだふらふらしていましたが熱は落ち着いていたので、4日目にしてようやく風呂に入ることにしました。

やっぱり、風呂っていいですね。

湯船につかると落ち着くというか、ほっとできるひとときを過ごすことができます。冷えきった体の末端が一気に暖められて、急に生き返ってくるようです。

頭なんかもう3回ぐらい洗って、体もいつもよりも多めにこすって、3日分の汚れを落とすつもりで入りました。

風呂から出たときに体に感じる風がいつもよりも冷たく新鮮に感じられます。

そして、気分も清々しくなってきます。

風呂って偉大だなと、清潔なことって人の心にも影響してくることだなと、ふだん何気なく入っている風呂のありがたみをしみじみと感じたのでした。