Gmailはgooglemail.comも使える

Gmailではgmail.com以外にもgooglemail.comというドメインを使うことができる。別名のエイリアス機能とともに使い分けると便利だ。

以前、「Gmailのエイリアスを活用しよう」という記事でGmailで別名を使うことでいくつもメールアドレスを持つことができることを説明した。Gmailではドメイン名も変えることができる。

Gmailのドメインはgmail.comである。メールアドレスは「ユーザー名@gmail.com」となるが、なんと「ユーザー名@googlemail.com」でもメールの送受信ができる。「ユーザー名@googlemail.com」に送信されたメールは「ユーザー名@gmail.com」に届く。

Gmailではアカウントを作るとgmail.com以外にgooglemail.comにもユーザーが割り当てられるようだ。これはヨーロッパなどの一部の国で「Gmail」が商標の関係で使うことができないためだそうだ。簡単にいうと、大人の事情でGmailが使えない国のためにgooglemail.comを用意したということだろう。

利用者としては選択肢が増えて嬉しい。自分のgmail.comからgooglemail.comにメールを送信すると、ちゃんと「(これはあなたのアドレスです。)」と教えてくれる。

親しい人にだけ教えるとか仕事とプライベートを分けたいとか、使い方はいろいろありそうだ。