Tap FormsをWebサーバーにしてファイルをやり取りができる

Tap FormsはWebサーバーとして機能させることができ、簡単にファイルのやり取りができます。

Tap FormsはWebサーバーとして動作させることができます。この機能を使えば、簡単にファイルのやり取りができるのです。この機能を使えば、iPhoneのTap Formsにファイルを送りたいときに、簡単にブラウザーを通してファイルを共有することができます。

  1. Tap Formsで「ファイル」の電源ボタンアイコンをタップしてWebサーバーをONにします。
    電源ボタンアイコンでWebサーバーをON
  2. WebサーバーをONにすると表示されるIPアドレスを覚えておきます。
    IPアドレスを覚えておく
  3. パソコン側でブラウザーを起動してIPアドレスを入力すると、Tap Formsのサイトが表示されます。「ファイルを選択」をクリックします。
    ファイル選択
  4. ファイル選択画面が表示されるので、アップロードしたいファイルを選びます。
    アップロードするファイルを選択
  5. ファイルを選択したら「Upload」をクリックします。
    ファイルアップロード
  6. アップロードされると、一覧にファイルが表示されます。
    ファイル一覧
  7. Tap Formsの画面で「Imports」のファイル数が表示されていることを確認します。
    ファイル数確認
  8. 「Imports」フォルダの中にアップロードしたファイルがあります。
    Importsフォルダ
  9. ファイルを開いたり見たりすることができます。「ファイルを開く」を選択すれば、対応しているアプリでファイルを開くことができます。手元の端末では、PNGファイルをアップロードしたときはEvernoteとSalesforce1とFecetune、テキストのときはTextwellとEvernoteとSalesforce1でした。
    ファイルを開く

同じWi-Fiネットワーク上にいれば、クラウドストレージを経由してファイルをやり取りするよりも早いかもですね。

タップフォーム オーガナイザーと安全なデータベース
カテゴリ: ビジネス
現在の価格: ¥1,080
タップフォーム オーガナイザーHDと安全なデータベース
カテゴリ: ビジネス
現在の価格: ¥1,080
Tap Forms Database
カテゴリ: ビジネス
現在の価格: ¥4,200