画像盗用防止にウォーターマークを付けてみる

最近、画像の盗用が何かと取り上げられることが多くなりました。このブログで公開する画像に関しても、盗用防止策を施してみたいと思います。


インターネット上にある画像は好きに自分のものとしてもいいと思っている人が意外に多いようで、このブログで掲載している写真もまとめサイトなど、バイラルメディアによって盗用されていたりします。こんな小さな規模のブログでもこういうことが起こっているのです。有名なサイトやブログなんかはもっと大変なんだろうなと思います。

画像を使う際は著作権者に許可を得る必要があります。勝手に使って、しかも自分のコンテンツとしてしまうことは、万引きするようなものです。とはいっても、なかなか防ぐ手立てがないことも事実であります。

いかにして画像の盗用を防ぐかというと、使われてもこのブログの写真であることが明確にわかるように、画像にウォーターマークを付けておくというのが昔からの手法です。画像にウォーターマークが付いていれば、わざわざウォーターマークを消すという手間をかけてまで画像を使うことになるので、ある程度の抑止力になります。

ウォーターマークとはロゴを透かして入れることで、例えばこんな感じです。

右下にこのブログのドメインが入っています。こんな感じで文字やアイコンを入れてしまうのです。写真に文字を入れるので、そのままの作品に比べると汚くはなりますが。

また、ウォーターマークを入れることで、盗用されても、消されなければ自分の画像であることが一目でわかります。

これである程度、画像が盗用されることは防げると思われます。

こういうことをしないといけないなんて、世知辛い世の中になりました。

カテゴリーIT