MacとWindowsのショートカット対比表

WindowsからMacへ移行した、MacからWindowsへ移行した、またMacとWindowsを両方使っているという人のためのMacとWindowsのショートカットを対比表にした。

MacとWindowsの乗り換え、また両方を使っていると、環境が変わることによっていままで便利に使っていたショートカットがかわることが少々面倒だ。その面倒なショートカットがどちらの環境ではどのように動作するのかをまとめた。

大きな点ではMacではCommand、WindowsではCtrlというキーの違いのほかは代替は同じキーの組み合わせで実現することができる。

項目 Mac Windows
切り取り Command + X Ctrl + X
コピー Command + C Ctrl + C
貼り付け Command + V Ctrl + V
元に戻す Command + Z Ctrl + Z
やり直し Shift + Command + Z Ctrl + Y
すべて選択 Command + A Ctrl + A
アプリケーションの終了 Command + Q Alt + F4
情報を見る / プロパティ Command + I Alt + Enter または Alt + ダブルクリック
ウィンドウの切り替え Command + Tab Alt + Tab または Windows + Tab (Windows Vista 以降)
検索 Command + F Windows + F
更新 / 最新の情報に更新 Command + R F5
スクリーンショット(画面コピー) Shift + Command + 3 (デスクトップにPNGファイル) PrintScreen (クリップボードにコピー)
一部をスクリーンショット / アクティブウィンドウのスクリーンショット Shift + Command + 4 (デスクトップにPNGファイル) Alt + PrintScreen (クリップボードにコピー)

MacとWindows、どちらを使う機会がある人はご参考に。