オレンジカードが首都圏では3月31日までで販売終了

首都圏の駅でオレンジカードの販売が3月31日で終了する。自動券売機での使用は引き続き可能。

国鉄時代に販売が開始されたオレンジカードが首都圏では3月31日で販売が終了する。JR東日本管内に限っていえば、今後は仙台、盛岡、秋田、新潟、長野の一部の駅に限ってのみ販売となる。

[JR東日本] オレンジカードについてのお知らせ

時代の流れというべきか、電子マネーの時代ではオレンジカードのような磁気カードは消えていく運命なのだろう。以前はイベントの記念プリントが施されたオレンジカードも販売されたが、最近はあまり見かけなくなっていた。

まだ完全に消えてなくなるわけではないが、ゆくゆくはなくなっていくのだろう。

そういえば、最近は自動改札機もSuica専用改札機の割合が増えてきている。もしかしたら、切符すらなくなっていくのかもしれない。

カテゴリーNews