スマートフォンのストラップは布製がベスト

スマートフォンにはストラップをつける場所がないものもあるが、ストラップをつけることができるならつけておきたいものだ。だが、フィーチャーフォンの感覚でストラップを選ぶのではなく、画面を傷つけないものを選んだほうがいい。


スマートフォンがはやりだしてから、スマートフォンに関する周辺グッズもようやく広がりを見せてきたところだ。スマートフォンにはストラップをつける口がついていないものもあるが、ついていればつけておきたい。スマートフォンは画面が広い分、フィーチャーフォンよりも大きくて持ちにくい。持ちにくいということは落としやすいということだ。そんなときにストラップがあれば、指にストラップを引っかけて手に持つと、もし手が滑ったとしても落とすことはなくなる。むしろ、スマートフォンだからこそストラップは必要である。

だが、ストラップをフィーチャーフォンの感覚で選ぶと痛い目を見る。フィーチャーフォンはスマートフォンよりも丈夫である。形状も二つ折りの形状が主流なので、画面を内側に閉じることができて、画面を傷つける機会が少ない。だが、スマートフォンは画面むき出しなので、ちょっとしたことで画面が傷つきやすいのだ。だからスマートフォンの場合はフィーチャーフォンよりもストラップ選びに気を遣う。

スマートフォンは画面むき出しなので、ストラップに画面を傷つけやすい素材が使われているものは避けたほうがいい。持ちにくく落としやすいスマートフォンをカバーするために、指に引っかける部分が広めのほうがいい。つまりスマートフォンにつけるためのストラップの要件は、布製で輪の大きめのものがいいということになる。とてもシンプルなストラップだ。携帯電話が出始めの頃でまだ「ケータイ」という言葉がなかった時代に、メーカーが携帯電話の付属品としてつけてきたようなストラップがベストだ。

スマートフォンのストラップには基本的にキャラクターものは向かないと考えたほうがいい。スマートフォンが大きいので荷物になってしまう。キャラクターが邪魔になるのだ。また、キャラクターものはたいていの場合はプラスチック製か金属製の部品で構成されている。スマートフォンの画面を傷つけやすい。どうしてもキャラクターものをつけたいのであれば、キャラクター部分が布製かゴム製か革製で金属製、プラスチック製の部品がついていないものがいいだろう。

スマートフォンの画面は情報を映し出し、またユーザーからの操作を受け付けるメインの場所だ。このメインの場所が傷つくのは避けたい。周辺グッズに気を取られてメインをおろそかにする事態だけは避けておいたほうがいいだろう。