Apple PayでSuica使ってるならSuicaポイントクラブには入っとけ!

Apple Watch Series 2やiPhone 7でSuicaを利用しているなら、Suicaポイントクラブには入っておいたほうがいいです。

Apple Watch Series 2やiPhone 7にSuicaを追加すると、Suicaの使用率が上がります。私自身、カード型のときは買い物ではあまり使わなかったのですが、Apple Watch Series 2にしたら、ガンガン使うようになりました。

カード型の場合は定期入れを鞄から取り出さなければならず、財布を取り出す手間とそれほど変わらないため、現金払いがほとんどでした。それがApple Watch Series 2になると腕をかざすだけで決済が終了しますので、必然的に最優先で使うようになります。むしろ、Suicaで決済できない店は避けるようになります。電子マネーの手続きが面倒なところも行かなくなりました(ローソンとか)。

Apple PayによってSuicaの使用率が上がったということは、Suicaを使うごとにポイントが貯まるSuicaポイントクラブには入っておいたほうが得だということです。Suicaポイントクラブは、Suicaで買い物や食事をするとポイントが貯まります。ポイントはSuicaにチャージして利用することができます。

ポイントは加盟店によって異なり、100円ごとに1ポイントつく場合と200円ごとに1ポイントつく場合があります。いずれにしても、早く登録しておくことに越したことはありません。ポイントを貯めることができる店を見ると駅ナカ施設やJR系列の小売店、駅構内の自販機などありますが、運賃やみどりの窓口では貯まらんのな。

iOSでは複数のSuicaを登録することができますが、Suicaポイントクラブに登録できるのはひとつだけです。あと、Suicaアプリでクレジットカードを登録していないとEASYモバイルSuicaという扱いになり、ポイントを提携ポイントに交換する場合に事前手続きが必要になってきます。提携ポイントはこの記事を書いている現時点ではTポイントとWAONポイントです。自分はまあ、いらんかな。

Suicaにチャージする場合の交換レートは10ポイント10円、つまり1ポイント1円です。100ポイント以上で10ポイント単位で交換ができます。

なお、ポイントの有効期限は最長2年間(必ず2年ではない)です。ポイント取得日から翌年度末(3月末)までです。例えば、2016年4月1日に取得したら2018年3月31日までで2年間ありますが、2017年3月31日なら2018年3月31日までと1年間しかありません。1年〜2年となるので、1年間という意識で過ごしておいたほうがいいでしょう。

ヨドバシのゴールドポイントのように、最後に買い物をしてから2年間ではなく、取得したポイントごとに有効期限がありますので注意が必要です。航空会社のマイルと同じ方式ですな。そういう意味だと、ヨドバシって偉大だなと思ったりします。

基本的に少額決済サービスなので、それなりに貯めるには結構大変ですが、こういうのはいつの間にか溜まっていてちょっと嬉しいというのがちょうどいい。

Suicaポイントクラブエラー画面

ちなみに、UIはちょっと残念な感じ。戻るボタンを使うと途端にエラー画面になってログアウト。ログイン画面もID、パスワードと画像認識の入力後、Enterキーが効かず、ログインボタンをクリックする必要があります。さすがJR東。