悪口、陰口をやめると幸せになれる

悪口や陰口は人ばかりでなく、自分も不幸にしてしまいます。悪口や陰口を言う癖がある人は早めに治しておきましょう。

人に自分の悪口を言われるとどう感じますか?

いい感じがするという人はあまりいないと思います。

人が他人の悪口を話しているのを聞いてどう思いますか?

いい印象はないはずです。もし、楽しいと思えてしまう人がいるのでしたら、その悪口が他人ではなく、もし自分の悪口だったらと考えてみてはいかがでしょうか。

これらのことを踏まえて、悪口を言ってしまう自分は人間としてすばらしいと思いますか?

人の悪口を言ってしまうのは自信のなさの表れです。自信があれば人の悪口は言いません。人の悪いところを口に出して、自分よりも相手をさげすんで安心感を得ようということです。悪口は劣等感の表れなのです。

人に嫌なことをされたからといって悪口を言っているのは、その人の悪いところに振り回されているだけです。そんな振り回される時間はもったいないと感じませんか? そのために時間を使い、自分の心をさげすみ、悪口を発することで人にも嫌な思いをさせている。実に生産性のない行為です。

また人前で悪口を言うと信頼をなくします。

悪口を聞いている人は、「この人はたぶん自分の悪口もほかで話しているんだろうな」と思ってしまいます。人間性が疑われて、信頼されなくなってしまいます。悪口を言う人に自分にとって大切な話をしようとは思わなくなりますから。

悪口を言ってしまう人は、悪口を言わない練習をしましょう。

いきなりやめるのは難しいです。

まず悪口を言ってしまったときに「自分は悪口を言ってしまった」と強く意識するところから始めましょう。罪悪感がわき起こるかもしれません。わき起こった感情を強く感じましょう。

そして、悪口を言わなかった日は自分を褒めてあげましょう。「よくぞ悪口を言わなかったぞ。えらい!」と。できれば日記に書くなりするといいでしょう。この作業を悪口を言わなくなるまで続けます。

すると悪口は次第に減っていきます。

気持ちはすがすがしくなっていくはずです。

人の悪いところを大目に見てあげることができるようにもなります。

何よりも自分の心が落ち着いてきます。

悪口を言ってしまう人は、ぜひ自分のために悪口を言わないようにしてみてはいかがでしょうか。