音声入力が楽し過ぎる

iPhoneの音声入力はなかなかいい精度で変換してくれます。

iPhoneで文字を入力するときはフリック入力が一般的ですが、音声入力という手もあります。音声入力の場合は喋るだけなので、手が疲れることもありません。もちろん、腱鞘炎になる心配もありません。

たまにおかしな文字を入力することがありますが、それでも、フリック入力よりかは楽です。精度は完璧ではありませんが、実用レベルで使うことができます。

iPhoneで文章を書くことが多い人は、音声入力に頼ってみるのもいいと思います。

音声入力を有効にするには次の手順を実行します。

「設定」→「一般」→「キーボード」→「音声入力」をオンにします。

設定を有効にすると、キーボードの地球マークの横にマイクのアイコンが現れます。そのマイクのアイコンをタップすると音声入力をすることができます。

音声入力に慣れてしまえば、フリック入力よりも簡単に手早く文章作成することができるでしょう。

もちろん、多少の手直しをする必要があります。うまく入力できるときとそうでないときがあるからです。また、ひらがなに開きたいところが漢字に変換された場合は入力し直す必要がありますし、変換ミスも結構あります。でも、音声入力のほうが圧倒的に楽です。

これからはフリック入力の速さと正確さよりも音声入力の正確さのほうが重要になってくるのではないでしょうか。