SNS疲れの対処法

SNSに疲れましたか? TwitterやFacebook、mixi、LINE、カカオトーク、comm、メッセージングアプリを含め、ソーシャルネットワーク関連のサービスを使っていて疲れたと感じたときの対処法を疲れ具合別に書いてみます。

SNSつかれという言葉をよく聞くようになりました。あるいは、SNSのサービス名に「疲れ」という言葉をプラスした形でよく聞きます。Twitter疲れ、Facebook疲れ、mixi疲れ、LINE疲れなど、さまざまなSNSに疲れてしまう現代社会をどう乗り切っていけばいいのでしょうか。

疲れ方は人それぞれあると思います。ちょっと疲れたなと感じる人もいれば、かなり疲れたという人もいるでしょう。憔悴しきった人もいるかもしれません。

軽度: ちょっと疲れたな → 通知を無効に

SNSを自分のペースで使うことができているかを考えてみたほうがいいでしょう。SNSはスマートフォンなどのモバイル端末でアクセスすることが多いと思いますが、SNSアプリからの通知があるとすぐに手に取って返信したりしていませんか?

SNSアプリの通知は結構プレッシャーです。受けたらすぐに返さないといけないと思ってしまいます。通知を受けて開いたら、既読マークがついて相手に「既読」という事実が伝わるアプリならもう最悪です。「既読になっているのになんで返事してくれないの?」なんて聞かれたら、もう「お前、うぜぇ」としか答えようがありません。

そんなあなたは、スマートフォンのSNSアプリの通知を無効にしてみましょう。例えば、iPhoneなら「設定」の「通知」から無効にすることができます。リアルタイムで通知されなければ、その場ですぐに返さなきゃというプレッシャーに押しつぶされなくてもよくなります。自分がアプリを立ち上げたときにだけ対処する方式にするのです。

前述のような、つながっている人に「何ですぐに返さないの?」と言ってくる人がいたらスルーするか、つながりを解消しましょう。スルーしていればその人も過度な期待はしないはずですし、人の都合も考えずに「すぐに返信!」なんて言ってくるヤツは切っても人生大きな影響はないです。

もし、文句を言ってくる人が会社の上司なら、さらに上の上司の人かパワハラなどを受け付けている窓口に相談しましょう。そんな上司ならとっとと失脚してもらったほうが会社のためです。

もし、学校の先輩なら先生に相談しましょう。

もし、学校の先生なら教育委員会に相談しましょう。教育委員会が隠蔽に走るようなら、そのことを都道府県知事宛に投書してみるといいかもしれません。

中度: なんか面倒になってきた → 使用時間の削減

1日のほとんどの時間でSNSにアクセスしていませんか?

SNSにアクセスする時間を減らしましょう。SNSにアクセスしてもいい時間を決めるのです。1日何時間という方式でもいいし、何時から何時までという方式でもいいです。曜日別に時間を変えるのもいいでしょう。

SNSにアクセスしてもいい時間を決めることで、本来やりたかったことがあったのにSNSに時間を取られていたと気づくかもしれません。

例えば、22時から翌9時までSNSを使わないと決めただけで睡眠時間が増えて体調が良くなり、仕事や勉強に前向きに取り組めるようになるかもしれません。使う時間を減らすだけで人生が変わるなら安いものじゃないですか。

重度: もういいや → SNSアプリ削除

SNSのアプリを削除しましょう。別に事前に通告する必要はないです。突然消えても問題はありません。どうせ、あなたがSNSにアクセスしないからといっていちいち心配してくる人はそれほど多くはありませんから。SNSなんてそのていどです。

もし、「最近アクセスないけどどうしたの?」と直接言ってくる人がいたら、SNS疲れなんだという事情を話して「ちょっとだけ離れたい」と言いましょう。心配してきてくれる人なんだからあなたの話はわかってくれるはずです。もし、それで文句を言ってくるようなら、そんなヤツは切っても問題ないです。

大丈夫、SNSでリア充な投稿をしている人がリア充とは限りません。SNSをやっていない人でリア充な人を何人も知っています。SNSで「俺ってポジティブだぜ」とか「私ってアクティブよ」な投稿をしなくても、十分にポジティブな人になれるしアクティブな人になれるのです。

SNSを使わないことで、手持ち無沙汰なひとときが生まれてくるでしょう。そんな時間をどう過ごすかを考えてみましょう。読書をするのもいいでしょう。英語の勉強を始めてみるのもいいでしょう。趣味を増やしてみるのもいいでしょう。ほら、ポジティブだしアクティブになれるでしょ。

あえて何もしないという選択で静かな時間に浸るのもいいかもしれません。充実したひとときが生まれてくるはずです。人生を豊かにしてくれることでしょう。

おわりに

SNSはツールであり、本来は楽しんで使うものです。SNSを使っていて楽しめないのであれば、無理をしてまで使う必要はないのです。一時的にやめていたとしても、また再チャレンジしてもいいのです。やめたいときはいつでもやめることができますし、再開したいときはいつでも再開することができるのです。やるもやめるもあなたの自由なのです。

SNSを使っていて疲れたなと感じたら自分の自由な意志で離れてみましょう。そして、また楽しめるかもしれないと思ったときは、自分の自由な意志で再開すればいいのです。そのままSNSをやめるという考えもありですし、ちょっと離れてSNSについて考え直してみると、SNSに振り回されずに、自分の主導でSNSをできるようになるかもしれません。

自由を取り戻してSNSからの独立記念日としましょう。

カテゴリーSNS