AndroidでGoogle Play(公式アプリサイト)以外のアプリをインストールできないようにする設定

Google Play以外の非正規マーケットでダウンロードしたアプリが個人情報を抜き取るケースがあります。不正アプリのインストールを極力防ぐために正規のGoogle Playでしかアプリをダウンロードできないようにしましょう。

Androidで個人情報を抜き取る不正なアプリが正規のマーケット以外のサイトで配布されていることが報告されています。

不正アプリは、Android OS用アプリの公式マーケットサイトではない、不正なサイトに置かれていたため、IPAでは、アプリは信頼できる場所からインストールするよう呼びかけています。

個人情報を抜き取るスマホアプリに注意 ― IPAが呼びかけ | ニュース | インターネット・セキュリティ・ナレッジ|インターネットセキュリティに関するポータルサイト

アプリは非正規のマーケットサイトに置かれていたため、警戒を解くために限定公開しているなどと書かれてGoogle Play以外での配布を正当化していたり、もっともらしい口コミを用意して、利用者にダウンロードさせる敷居を低くしていたようです。

不正アプリは、正規のマーケットではなく、攻撃者が作成した悪意のサイトで配布されていましたが、ユーザの警戒を避けるため、口コミが記載されているなど、巧妙に偽装されていた

スマホの便利ツールを装った不正アプリを複数確認 ― トレンドマイクロ | ニュース | インターネット・セキュリティ・ナレッジ|インターネットセキュリティに関するポータルサイト

利用者としては限定などという甘い誘いに乗らないように注意するとともに、自分が持っている端末のことをもっと知り、できることとできないことを理解するようにします。アプリでソフトウェアを入れても、ハードウェアが対応していないことはできません。

ようするに、

太陽光発電装置がついていないのにアプリ入れただけで太陽光で充電とかねぇから!

バカなの? 死ぬの?

ということで、できるだけこのような間違いを犯さないように、正規のアプリマーケットであるGoogle Play以外のサイトからアプリをインストールできないようにしてしまいましょう。

まずはAndroidの「設定」を表示して「アプリケーション」を選択します。

設定

つぎに「提供元不明のアプリ」のチェックを外します。

アプリケーション

たったこれだけで公式サイト以外のアプリを防ぐことができるのです。

簡単でしょ。