Firefoxの挙動がおかしくなったら設定のリセットを試そう

Firefoxを使用していて挙動がおかしいと感じたらアドオンを無効にしてみる。それでもだめなら設定をリセットしてみよう。

Google+をよく利用している。だが、あるタイミングでGoogle+にアクセスすると突然「ご使用のブラウザは現在サポートされていません。」と表示され、全く使えない状況に陥った。Gmailを使用しても簡易HTMLバージョンに移行されてしまうし、どうもブラウザがバージョンなどを含む情報(UserAgent)を正しく送れなくなっているようだ。

問題切り分けのために、一度キャッシュやCookiesを削除してみるが変わらず。アドオンをすべて無効にしてみるが変わらず。そこで最後に試したのが設定のリセットだ。いままで設定したオプションがすべて無効になってしまうが、正しくサイトにアクセスできないのであればリセットしたほうがいい。

そこで、まずメニューのヘルプから「アドオンを無効にして再起動…」を選択する。

「Firefox セーフモード」というダイアログボックスが表示されるので、「すべてのユーザ設定をリセットする」にチェックを入れて「変更を実行して再起動」ボタンをクリックする。

この手順ですべての設定は一度リセットされる。Google+にアクセスすると、無事に表示することができた。いままで設定したオプションをすべて設定し直したのと、突然そのような症状に陥ったことから念のためのウイルス対策ソフトのフルスキャンを実行したのは言うまでもない。

何かあったらブラウザの設定をリセットは覚えておいても損はない。

カテゴリーIT