MacでQRコードを作成するなら草原のシマウマ

WindowsでQRコードを扱うソフトウェアは多いけど、Macだと意外に少ない。有料のものが多い。フリーで使えるQRコード作成アプリを探してみた。

QRコードを作成する機会がたまにある。何らかの印刷物やWebページにモバイル向けのリンクを貼りたい場合や、ケータイのアドレスでメールを返信したいときにパソコンで素早く入力して、それを読み込ませて手軽にメール送信をしたい場合などだ。

私の場合は特に後者が多い。パソコンのメールで送ってもケータイのアドレスにしか返事をくれない人もいるので、ケータイで送信できるときはなるべくケータイで送るが、ケータイでちまちま入力したくないので、QRコードを使って文章のやり取りをしている。

Windowsを使っていたときはPsytecのQR Code Editorを使っていたが、Macだと意外にQRコードを取り扱っている便利なツールが少ない。あっても日本語で入力するとケータイで読み込ませたときに文字化けを起こしたりするものが多い。

草原のシマウマは日本の作者が作っているだけあって、日本語の文字化けはない。しかも、Psytecで公開しているソースコードを参考にしているそうなので、変換の信頼性も高そうだ。EditメニューからInput Textを選択して文字を入力して変換するシンプルな作りだが、十分に使えるアプリである。最新のOSであるLionでも動作している。

MacでQRコードを作成したくなったら草原のシマウマを試してみよう。

カテゴリーMac