貯金したいなら500円玉貯金がおすすめ

お金というものは意識しないとどんどん出ていくものだ。少しでもお金を貯めたかったら500円玉貯金を始めてみよう。

なかなかお金をためられない人というのは意外に多い。私もそうだ。お金は意識しないと次々と出ていってしまう。何気なく過ごしているだけではお金は貯まらないものだ。必要なものは次々と出てくるし、欲しいものも次々と出てくる。人付き合いだってお金がいるし、会社に行ったり、学校に行ったりするだけでもお金がかかる。社会は生活をしているだけでお金が出ていく仕組みなのだ。

だが、いきなり大きな額をためるのも難しい。挫折してしまうと意味がないからだ。気合いを入れて月に10万円貯めるぞと始めて続けられる人は多くはない。いままで毎月ぎりぎりで生活していた人はなおさらだ。そして、挫折してしまうともとの生活に戻ってしまう。そして、お金が貯まらない。

挫折するほどの額ではなく、ちょっとだけ意識するだけで案外ためられる方法は500円玉貯金がおすすめである。500円なら大した額ではない。どうするかというと、財布に500円玉が入ったら、それは絶対に使わない。例えば、買物をしておつりで500円玉をもらったら、その500円玉は使わないで取っておく。そして、家に帰ったら貯金箱に入れてしまおう。

500円といえど侮ることなかれ、10枚集めれば5,000円、20枚で1万円だ。1日1枚500円を貯めることができるのなら、平日だけで換算しても付きに1万円、1日2枚500円玉を貯めることができるなら倍の2万円だ。

こうやってお金を貯める癖をつけていけば、あとは額を増やしてもあんがい続けられるものだ。本当はもっと多い額にしたほうがいいが、まずは第一歩として500円玉貯金をする。

気がついたらまとまった額のお金が貯まっていることは嬉しいものだ。