熱中症にならないために日陰をうまく利用しよう

6月20日に台風4号の影響で関東地方は真夏日になりました。熱中症による病院への搬送が相次いだそうです。なるべく暑さを避けるために日陰を上手に利用しましょう。

台風4号の影響で、関東では6月20日は真夏日になりました。

熱中症で病院に搬送された人もいたようです。

熱中症にならないためには水分補給が欠かせません。早めの水分補給を心がけましょう。

屋内にいる場合は無理せず冷房を入れましょう。扇風機がいいなら、窓の外に扇風機を向けると比較的に早く部屋が冷えます。

扇風機を窓の外に向けると部屋が涼しくなる » kosukety blog

そして屋外にいるなら直射日光をなるべく浴びないように、日陰をうまく利用しましょう。

例えば、信号待ちなどで日差しが照っている横断歩道の前よりも、少し後ろに下がって建物の陰に入るほうが涼しいです。ちょっとしたことかもしれませんが、直射日光を浴び続けるのと、少しでも日陰で休む機会を作るのでは大きな違いです。

道もなるべく日陰が多い道を選ぶなどの工夫をするといいかもしれません。

また、男性でも日傘をおすすめしたいです。

男でも日傘を嗜む ~ 日傘紳士よ立ち上がれ » kosukety blog

十分に対策をとって熱中症に倒れないようにしましょう。