日航(JAL)が東証に再上場を申請したようです

日本航空が20日に東京証券取引所に株式上場申請を行ったそうです。国内のフラッグシップとして活躍したかつての元気は戻ってくるのでしょうか。

日本航空の株を96.5パーセント保有する企業再生支援機構がIPOで株を放出するそうです。

UPDATE1: 日航、東証に上場申請 支援機構は6000─7000億円回収へ=関係筋  | マネーニュース | 最新経済ニュース | Reuters

ロイターの記事によると企業再生支援機構は、破綻後に出資した3500億円の約2倍の額を回収する見込みとのことです。

景気がなかなか回復しない中で、一度はどん底に落ちた日本航空でしたが、ここに来て元気を取り戻してきているようです。

やるなぁ、企業再生支援機構。

全日空はというと、

19日の株主総会でも公正・公平な競争環境の確保をあらためて訴えた。

UPDATE1: 日航、東証に上場申請 支援機構は6000─7000億円回収へ=関係筋  | マネーニュース | 最新経済ニュース | Reuters

まあ、そうだよね。

格安航空会社(LCC)なども出てきていますので、厳しい戦いになるとは思いますが、ここからどこまで伸びていけるのかが気になります。

個人的にはJALはよく出張でお世話になっていましたので、また元気な姿を見せてもらいたいと思っています。

まずは国有化からの脱出ということで、これからのがんばりに期待したいですね。

また、ジャンボを見られる日が来るのでしょうか。

カテゴリーNews