30歳を超えたらフロスを使おう! いや、若くても使おう!!

フロス

年齢を重ねると歯と歯に隙間が出てきてしまいます。歯磨きのあとにフロスを使って、歯と歯の隙間の汚れもすっきりとりましょう。歯の治療はお金がかかります。しっかりメンテナンスしておきましょう。

高校生のとき以来歯医者にお世話になることがなかった私が、大人になって歯医者のお世話になったのは30歳を超えてからでした。歯医者に行かなければいけないと実感したのは、たまたま歯の奥に舌が触れたときに歯が溶けている感覚があったのがきっかけです。

30歳を超えるまでは歯を磨くのが朝だけで、夜は磨かなかったことも大きな原因かもしれませんが、奥歯がぼろぼろになっていたのです。幸い、奥歯でぼろぼろになっていたのは抜いていなかった3本の親知らずだったので、すべてをきれいに抜きました。親知らずは抜くだけでよかったのですが、奥のほうの歯を何本か治療することになりました。

特に歯と歯の間が虫歯になっていて、1ヶ所の虫歯につき両隣の2本の虫歯の治療をしなくてはいけませんでした。もちろん、かかる費用は2本分です。保険で治療できるの範囲では銀歯になり、目立たないハイブリッドセラミックは自費治療になるということでした。もちろん、ハイブリッドセラミックを選択しました。すべての歯を治療して、17万円ほどかかりました。

このとき以来、歯をもっと大切にしようと歯磨きをきっちりするようになったのですが、歯を磨いても汚れがとれていない感触がありました。いままではまったく気にしなかったのですが、一度気になってしまうと気が気で仕方ありません。歯と歯の間に汚れが残っていて、たまに舌に当たって気になってしまうのです。

歯と歯の間の汚れをとるにはフロスがいいということを歯医者で聞いていましたので、フロスを導入することにしたのですが、使ってみて愕然としました。

歯を磨いたあとでフロスを使います。歯をきれいに磨いたはずなのに、やはり歯と歯の間に汚れが残っていて汚れがとれます。ふと気になって、その汚れの匂いをかいでみると…

クサッ!!

いままでこんなに臭いものが歯に残っていて平然と過ごしていたなんて…

もう、そのとき以来フロスを欠かすことはなくなりました。歯を磨いたあとはフロスです。若い頃は実感はないかもしれませんが、年を取るとはと歯の隙間が開いてきます。食べ物の汚れが詰まりやすくなってきます。詰まった汚れは歯磨きだけでは落としにくいです。

30代を超えたらフロスを導入しましょう。いや、若くても使ったほうがいいでしょう。歯の隙間に残った汚れが口臭にもつながってくるのです。

初めて使って汚れが取れたときは、必ず匂いをかぐようにしてください。自分で自分に対してショックを受けることで、フロスを継続して使っていく強いモチベーションになります。

夜の歯磨きのときにフロスを使って1日の汚れをとることで、すっきりとした気分で床につくことができます。日々のメンテナンスが高額な治療費を避けることにもつながります。

フロス、ぜひ使ってみてください。