チップスター空き箱のポテンシャル

チップスターの空き箱は、使いようによってはあらゆる可能性を秘めたすばらしいものです。うまく活用法を見いだせば、大きな力を発揮することができます。

チップスターの空き箱には無限の可能性があると思います。何気なく食べては捨ててしまうその空き箱を活用すれば、いろいろと便利になります。その活用法を考えてみましょう。

一時ゴミ箱

最も簡単な活用法です。一時的なゴミ箱として使い、ゴミがいっぱいになったらそのまま捨ててしまうという活用法です。これは実際にやってみて便利だと思いました。花粉症の時期に鼻をかんだあとのティッシュをいちいち離れたゴミ箱に捨てにいくのではなく、いったんチップスターの空き箱にためておいてあとでまとめて捨てると、作業場所を離れることなく、気兼ねなく鼻をかむことができます。

ケーブルケース

ケーブルってたたんでおいても何かとかさばるというか、箱に一緒に入れておくと何がどのケーブルなのかわからなくなってしまいます。そこでこのチップスターの空き箱を使うのです。複数の空き箱が必要になってきますが、用途別にケーブルをしまっておき、ふたに付箋やシールなどでラベルを付けておけば、簡単にケーブルを分類、整理することができます。しかもふたがついていますので、ホコリだらけになることもありません。

ネクタイケース(トラベル用)

ネクタイを持ち運ぶとき、そのまま鞄に入れると中でもみくちゃにされて、つけるときにしわだらけの状態でつけなくてはいけません。そんなとき、チップスターの空き箱があれば、ネクタイをくるくると巻いて入れておくことができます。チップスターの空き箱はそこそこの強度がありますので、鞄の中でもみくちゃにされた程度ではつぶれることはありません。まあ、人前で取り出してつけるとなるとシュールな感じになりますけどね。

ペンケース

多量にペンを持ち運ぶのであれば、ペンケースとして利用するのもいいかもしれません。チップスターの小さいほうの空き箱を使えば、ちょうどいいペンケースとして活用できるでしょう。デスクの上にたてておけば、いつでも好きなペンを取り出すことができます。

可能性は無限大

このように、さまざまなことに活用できます。小動物の遊び道具にもできますし、がんばって加工すればレンズも作ることができます。

チップスターの空き箱、捨てる前にちょっと立ち止まって考えてみるといいかもしれません。