日傘はPortable Shade 男も日傘を持って日傘紳士に!

日傘は日陰を持ち歩くことができる便利なツールです。

夏の暑い日差しは体力を確実に奪っていきます。なるべくビルや街路樹の影を歩くようにしたり、信号待ちのときは日陰で待つようにしたり、水分を気をつけ取るようにしたりして、体力温存に努めるようにしたほうがいいです。

日差しの強いときに活躍するのが日傘。日傘は日陰を持ち歩くことができる便利なツールです。いわば、ポータブルシャドウ。いつでも自分の下を日陰にすることができます。

この日陰を作ってくれる便利なツール、女性はよく活用していますが、男性の活用はあまり見かけません。使わないのかと聞くと、大抵は「男が日傘なんて…」という言葉が返ってきます。

価値観は人それぞれですが、なんとなくおかしいという理由だけで日傘を持たないのはもったいないです。男性用の日傘もあります。かっこいいのはそれなりのお値段はしますが、持っていることで暑さを和らげてくれます。導入するだけの価値はあるのです。

また、よく「日傘男子」なんて言葉がありますが、違います。男の子は麦わら帽子姿で太陽の下を駆け抜けたりしながら、虫を捕まえたりするもので、男子では日傘を持つ男性の表現としては違和感があります。日傘は紳士の嗜みというものです。デパートの傘売り場でも、男子用はなくても紳士用は置いてあります。なので、日傘を持つ男性を表現するなら「日傘紳士」が適切です。

男性も日傘を持ち歩いて日傘紳士になりましょう!