iPhoneのカメラで赤外線を感知する方法

盗聴器や盗撮器を見つけるテクニックとして携帯カメラで部屋を覗くという方法がありました。

携帯カメラで部屋を覗くと、赤外線の光がカメラの画面に映って見えるのです。赤外線をセンサーが捉えて映し出すのです。しかし、iPhoneに搭載されているカメラは見たままを映すようにされているためか、赤外線の光を見ることができません。性能がよすぎるのでしょうね。

しかし、iPhoneのインカメラを使ってみると、あら不思議、赤外線が光ります。試しにリモコンで試してみると、こんな感じになります。

iPhoneのインカメラで赤外線を捉える

タイミングを合わせて撮影するのが難しかった。

iPhoneのインカメラを使えば、部屋にある赤外線を発する機会を発見することが容易になります。これで、赤外線を発する盗聴器や盗撮器を調べることができますね。