MacBook Pro(最大メモリー8GB)のメモリーを16GBに増設してみた

システム情報のメモリー

MacBook Pro (13-inch, Late 2011)のメモリーを16GBにしてみました。このモデルは最大8GBまでのメモリーが保証されていますが、ネットの情報では16GBまで搭載できるそうなのでやってみました。

いま使っているMacBook Proは最大8GBまで搭載できますが、購入したときはデフォルトの4GBにしていました。それほどメモリーを多く使わないだろうと思っていたのですが、やっぱり4GBだと心もとないところがあります。

Safariを使っているとすぐに4GB近くまで消費してしまいます。Safariって意外とメモリー食うのね…

頻繁にメモリークリーナーでクリアしてあげればいいのでしょうけど、それも面倒だし、今後のためだし、新年だし、いまどき4GBとかねぇし、これを機にメモリーをアップグレードしておきたいと思うに至りました。

そこでApple Storeのメモリーを見てみたのですが、純正品の値段が8GBでなんと、

17,600円!

MacBook Pro純正メモリー

↑ Apple StoreでのApple Memory Module 8GB 1333MHz DDR3。

高い!

どこか安く済ませる方法がないだろうかとサードパーティ製のメモリーを探しているときに、どうもMacBook Proは16GBも認識するという情報を手に入れました。どうもIntel Core i7のチップセットだと最大16GBまで搭載できるようなのです。

最大メモリーサイズ (メモリーの種類に依存) 16 GB

ARK | Intel® Core™ i7-2640M Processor (4M Cache, up to 3.50 GHz)

もちろん、8GBまでが保証ですので16GBは保証対象外です。でも、新年だし冒険する価値はあるだろうということで16GBを増設することを決めました。

メモリーはAmazon.co.jpのレビューで評判がよく安かったシリコンパワー社のメモリーを注文しました。税込みで5,237円でした。これほど大容量のメモリーがこんな値段で変えるなんて、いい時代になったものです。

シリコンパワーメモリー

↑ 注文した翌日にアマゾンから届いたメモリーがこちらです。シリコンパワー社のメモリー16GB(8GB × 2)です。

MacBook Pro上側

↑ まず、MacBook Proを裏返してねじを外します。全部で10カ所あります。

MacBook Proのねじ

↑ 外したねじは位置関係がわかるように置いておくと、はめるときに迷わなくてもすみます。長いねじが3本ありますね。

MacBook Pro裏蓋オープン

↑ ねじをすべて外すと、MacBook Proの裏蓋が簡単に開きます。意外にホコリっぽい…

エアダスター

↑ ホコリを飛ばすためにエアダスターをかけます。サンワサプライのノンフロン逆さOKエアダスターです。

メモリー交換01

↑ MacBook Proを開くと、すぐにメモリーを見つけることができます。私のMacBook Proには2GB × 2で合計4GBのメモリーがついています。

メモリー交換02

↑ いよいよメモリーを取り外します。まずは1枚目を外します。

メモリー交換03

↑ そして2枚目も外していきます。2枚目のほうがなんだか二枚目な感じです。

メモリー交換04

↑ メモリーをすべて取り外しました。ここも軽くエアダスターをしておきます。

メモリー交換05

↑ 外したメモリーです。ロンリー、お前とのメモリーは忘れないぜ!

メモリー交換06

↑ 新しいメモリーです。お前とは出会う運命だったんだぜ、ベイベー。

メモリー交換07

↑ 1枚目をさしていきます。

メモリー交換08

↑ 2枚目もさします。

メモリー交換09

↑ メモリーが正しくささりました。

さあ、ここでドキドキしながら電源を入れてみると…

MacBook Pro「ジャーン!」

立ち上がったー!

ちなみに、「ジャーン」という起動音は商標登録されているらしいですね。

アップル、「Mac」起動音の登録商標を米国で取得 – CNET Japan

立ち上げてシステム情報を見てみます。

このMacについて

↑ 「このMacについて」でちゃんと16GBが認識されていることがわかります。

システム情報のメモリー

↑ メモリーを見てみると、ちゃんと8GBがふたつ使われています。

あとはRemberというツールでメモリーテストをします。

Kelley Computing – Rember

すべてのテストにパスできたら完了です。

ネットの情報の多くは、メモリーを交換したら「NVRAM/PRAMのリセット」と「SMC(システム管理コントローラー)のリセット」を実行したほうがいいとありますので、先人の知恵に従って一応やっておきます。構成が変わったときにはやっておくといいそうです。

やり方は、以下のAppleのサポートページにあります。

NVRAM と PRAM について

Intel-based Macs:SMC (システム管理コントローラ) のリセット

メモリーを16GBに増設して、いまのところおかしな挙動はありません。

むしろ、快適に使えています。

MacBook Pro 13-inch Late, 2011を使っていて、メモリーが足りないと思ったら試してみてはいかがでしょうか。

カテゴリーMac