嘘やすっぽかしに負けない心

嘘をつかれたり、約束をすっぽかされたりして、いつまでも悔しい気持ちを引きずることなく、前向きに生きていきましょう。


残念ながら、世の中には嘘をついたり、約束をすっぽかしたりして平気な人間が存在します。それも、ごく普通に職場や学校にいますので、何かしらの関わり合いがあったりするものです。

我々はむろん、嘘をつかれたりすっぽかされたりすれば傷つくのが普通です。また、誤ってそういうことをしてしまうことになってしまった場合は、罪悪感がありますし、心から謝罪をするのがまともな心を持った人の反応です。

でも、嘘やすっぽかしをやっても何の罪悪感もなく、平然としている人もいます。そういう人は、人が傷つくなんて思ってもおらず、何の悪いこともしていないという感覚なのがタチが悪いところです。そして、口先だけで軽々しく「ごめんねー」なんていうのです。

こういう人に関わって嘘をつかれたりすっぽかされたりした場合、いつまでもそのことに対して悶々としていては、心が嘘やすっぽかしをする程度の人間に支配されてしまいます。人を傷つけることを平気でやってのけるような人間に心が振り回されてしまうことは、時間の無駄ですし何の生産性もありません。

このような人の悪意に対して耐性のある強い心を持つために、世の中には一定数、そういう魔物のような人物がいて、それは災害のようなものなのだと思うことをおすすめします。そう思うことで、「こんなひどいことをする人がいるなんて!」と悶々としなくて済みますし、また、この人物は自分が付き合うべき人ではないということがわかりますので、あとはこの人物と距離をおけばいいだけのことです。

もし、そういう人物が近くにいる場合は、できるだけ早めに距離を置いて、その人物に関わり合いになる機会を少なくするといいでしょう。一緒に仕事をする人なら、極力仕事の話以外はしないとか、仕事で嘘をついたりすっぽかしたりする人物なら、早めに会社に言って改善を求めるなどしましょう。付き合っている人なら早めに別れてしまいましょう。

世の中にはいろいろな人がいます。付き合う人物をよく見極めて、お互いにプラスになるような人と出会えるようにしていくとよりよい人生を歩めると思います。