テーブルに鞄を置くのはやめよう

飲食店でテーブルの上に鞄を置く人を見かけることがあります。テーブルの上に鞄を置くのはマナー違反なのでやめましょう。

とある飲食店で食事をしていたときのことです。店に入ってきたビジネスマンが私が座っている隣の席に案内されました。案内されたビジネスマンは持っていた鞄を机の上において、書類やタブレットなどを取り出し始めました。

オフィスのワークスペースのテーブルではなく、食事をする飲食店のテーブルの上での出来事です。

鞄は持ち歩くことで汚れていますし、床に置くことがあるものです。その汚れた鞄を食事をするテーブルの上に置いてなんと思わないのでしょうか。こういう人が最近は多い気がします。

床に置くことがある鞄をテーブルの上に置くことをなんとも思わない人は、テーブルの上に靴を置かれたときのことを想像してみてください。これと同じことなのです。

たとえ、自分は鞄を床に置かないようにしているという場合でも、他人にはその鞄が床に置かれていないことはわかりません。鞄は床に置かれるものというのが一般的な認識ですので、それをテーブルの上に置くことは、靴をテーブルの上に置かれたのと同じ不快感を与えます。

食事をする飲食店のテーブルの上で鞄を置くのはやめましょう。汚いだけでなく、周りに不快感を与え、それがひいてはマナーのなっていない人という印象を与え、自分が損することになるのです。