京葉線を使うなら東京駅ではなく有楽町駅で降りよう

都内から京葉線に乗り換えるのであれば、最寄り駅は東京ではなく有楽町だ。ただし、一度駅から出なければならないのでJRならば東京がいいだろう。

京葉線は東京から出ていて、葛西臨海公園やディズニーランドのある舞浜、幕張メッセやマリンスタジアムがある海浜幕張をつなぐ路線だ。イベント好きにはおなじみの路線かもしれない。

もし、都内で地下鉄などのJR以外の交通機関で京葉線に乗り継ぐことを考えるのであれば有楽町を目指したほうがいい。もちろん、東京駅から乗り換えたほうがお得ならそうしたほうがいいが、距離的には有楽町がおすすめだ。

私は京葉線の東京駅を「限りなく有楽町に近い東京駅」と思っている。冒頭の看板を見てもらいたい。東京駅の地下にある看板だが、JR東京駅の矢印とJR京葉線の矢印に注目してもらいたい。どちらも同じ「東京駅」なのだが、矢印がまったく逆の方向をさしている。そう、京葉線は地理的には有楽町に近い。

地下鉄ならば有楽町から東京国際フォーラムを通ってそのまま京葉線の改札に向かうことができる。京葉線は東京駅となっているので、東京駅に行かなければいけないと思っている人は、ぜひ地図で確認してもらいたい。

追記: 有楽町駅、東京駅京葉線の友人改札で証明書を発行してもらうことで清算することなく乗り換えが可能です。