本来やるべきことに影響が出るならSNSを離れる決断を

自分の本来やるべきことはSNSで人気者になることですか? SNSで投稿を続けることですか? SNSで本来やるべきことがおろそかになるなら、いったんSNSから離れてみることを考えましょう。

TwitterやFacebook、Google+、InstagramなどインターネットはSNSに困りません。スマートフォンの流行により、SNSを始める人も増えています。手軽に始めることができて、人とのつながりを持つことができる魅力的なサービスです。しかも、無料で使うことができます。

気がついたらSNSにアクセスしてみんなの書き込みをチェックしていませんか。行った場所ややったこと、食べたもの、いまどこでどんな行動をしているということを逐一SNSに書き込んでいませんか。

SNSへのアクセス頻度が高くなってきていると感じているなら要注意です。自分の本来やるべきことに影響が出ていないかどうかを見極めてみましょう。たとえば、学生なら成績が下がっていないでしょうか。社会人なら仕事に影響が出ていないでしょうか。

そこで考えてもらいたいことは、本来やるべきことは何かということです。自分がやるべきことを再確認してみましょう。自分がやるべきことはSNSで投稿を連発することでしょうか。SNSでフォロー数を増やすことでしょうか。

自分がSNSへの依存度が高く、本来やるべきことに影響を及ぼしているのであれば、いったんはSNSを離れることを選択してみましょう。もちろん、一時的にでもかまわないでしょう。

始める敷居は低いけどやめる敷居が高いのはSNSでも同じです。せっかく作った人とのつながりを維持していたいと思うものです。フォローされている人数が多ければ多いほどやめづらいでしょう。

でもやめづらいSNSにアクセスしていることに時間をとられて自分が本来やるべきことがおろそかになっているのであれば、SNSから離れるほうがいいでしょう。SNSで投稿を続けることに価値はありますか? SNSでフォロー数が増えることに価値はありますか? SNSで人とつながっていることに価値はありますか?

ここでいう価値は有益だから価値があるということではなく、自分の人生にとってその選択をすることが将来の自分をよりよいものにするかどうかということを考えてみてください。

SNSはとても便利なものです。とても便利なSNSによって本来やるべきことに影響が出ているとすれば、SNSを便利に使いこなせていないということです。便利に使いこなせていないのであれば、一時的にでも離れてみてもいいのではないでしょうか。

そして、本来自分がやるべきことに対して真剣に取り組んでみましょう。早く気づけば気づくほどいいですが、手遅れになったということはありません。

いまからでも大丈夫です。

あなたの将来を幸せにするのはSNSですか?

カテゴリーSNS