iPhoneはスマートフォンです!

最近、家電量販店や大手メディアが発信する情報などで見かける「iPhoneやスマートフォン」という言い回しに物申したい。


えっとね。

スマートフォンって多機能な電話機を指していて、固有の機種に対して使うものではないのね。

多機能といっても、主にボディ全体に画面があって画面に直接タッチして操作したり、ネットに繋がってメールやブラウザーで情報を取得できたり、アプリをインストールしたりする端末で、従来からあった携帯電話と区別する意味合いで使われることが多いのね。

従来からあった携帯電話をガラパゴスケータイ、略してガラケーとか、少し難しい表現でフィーチャーフォンとか言うのね。それに対して、Xperia、GalaxyをはじめとしたAndroid端末やiPhoneなどのことをスマートフォンって言うの。

つまり、iPhoneもスマートフォンなのね。だから、「iPhoneやスマートフォンでも大丈夫!」や「スマートフォンとiPhoneでは…」的な表現を見かけるとなんか違うなと思うのね。

あとAndroidってOSの名前だから、AndroidとiPhoneと言うのもわからないでもないけど、正確に比較したいならAndroidとiOSと言うべきよね。でも、Androidって機種が豊富だし、いちいちAndroid端末って言うのも面倒だからこれは許容範囲かなと思うのね。

でも、「iPhoneとスマートフォン」は絶対に間違いよね。だって、iPhoneはスマートフォンなんだもの。

ちなみにスマートフォンとガラケーの違いって何って言われると、わかりやすく言うと、電話がかけやすいのがガラケーで、電話がかけにくいのがスマートフォンって覚えておくといいと思うの。あとパカパカ開いたり閉じたりするのがガラケーで、曲がってガラスが割れるのがスマートフォンよ。