Mouse Without Bordersでマウスカーソルが挙動不審になるときに対処法

久しぶりにWindows向けの記事ですが、複数のPCでマウスとキーボードを共有するMouse Without Bordersの不具合の対処法を紹介します。

Mouse Without Bordersは複数のPCでマウスとキーボードを共有するのに便利なソフトウェアでもともとはMicrosoftの研究機関であるMicrosoft Researchがリリースしたものです。現在はMicrosoftのダウンロードページから入手できます。

このMouse Without Bordersを使っていてほかのPCを操作しようとマウスをクリックすると、マウスカーソルが左側に瞬間移動してしまうことがありました。両方のPCを再起動しても、しばらくするとまた同様の事象が発生して困っていましたが、原因となるものを発見したので共有します。

SQL Server 2016の別ダウンロードになったSQL Server Management Studioの画面を開いていると必ず発生します。

そして、対策はSQL Server Management Studioを最小化するです。

これでほかのPCでマウスカーソルが瞬間移動することがなくなります。というか、クエリーを編集する画面なのに、マウスの何かの関数を使っているんでしょうか、相性がよくないみたいです。まあ、SQL Server 2016自体が出たばかりですし、しばらくしたらパッチで修正されるのでしょうか。

あと、もうひとつ、Visual Studioを使っているとほかのPCでマウスクリックが効かなくなりがちというのもあります。これもなんとかしてもらいたいですね。