iPhoneのSafariで一時的にコンテンツブロッカーを無効にする方法

コンテンツブロッカーを使っているとうまく表示されないウェブページに遭遇したとき、一時的にコンテンツブロッカーをオフにすることができます。

コンテンツブロッカーは広告などやSNSのコメントを非表示にしてくれ、記事を読みやすくしてくれ、またパケットの節約もできます。

しかし、記事の中に引用としてSNSの投稿が埋め込まれている場合など、SNSをブロックしていると意味が通らなくなるときは、ブロックを解除したくなります。

ただ、SNSをすべての場合でブロックを解除はしたくないけど、いまだけ解除したい場合に、便利な機能がSafariには搭載されていますので紹介します。

  1. ブロックを解除したいウェブページを表示させたら、更新ボタンを長押しします。

    更新ボタンを長押し。
    更新ボタンを長押し。
  2. 「コンテンツブロッカーなしで再読み込み」をタップします。

    コンテンツブロッカーなしで再読み込みを選択。
    コンテンツブロッカーなしで再読み込みを選択。
  3. ブロックされたコンテンツが表示されることを確認しましょう。

    ブロックされていたSNSの埋め込みが表示された。
    ブロックされていたSNSの埋め込みが表示された。

このように、記事によってコンテンツブロッカーがあるとうまく表示されなかったり、記事としての意味が通らなくなる場合は、一時的にコンテンツブロッカーなしで再読み込みしてみましょう。