平田牧場 極で金華豚しゃぶしゃぶ堪能! クラフトビールの飲み比べも!

KITTE丸の内店の6階にある平田牧場 極でおいしいしゃぶしゃぶをいただきました。

平田牧場といえばとんかつが有名です。東京駅にも、新幹線乗り場前のサウスコートに平田牧場の弁当屋さんがあり、無添加の弁当が販売されています。その平田牧場の店舗がKITTEにあります。

東京駅を出てすぐのところにある、旧東京中央郵便局の地に建てられたJPタワー、その低層階にある商業施設が日本郵政が展開するKITTEです。

KITTE6階 平田牧場 極の店舗前。おいしそうな肉の写真とメニューがディスプレイされています。
KITTE6階 平田牧場 極の店舗前。おいしそうな肉の写真とメニューがディスプレイされています。

平田牧場 きわみは、金華豚きんかとんを使った料理をいただくことができます。もちろん、とんかつも選べます。

店内に入ると、窓際の席に案内してくれました。目の前に青空が広がり、右手側には東京駅の駅舎が、左手側には丸ビル、新丸ビルを望めます。店員さんも、窓の外が見えるように通路側の席を引いて案内してくれます。

窓際の席は東京駅と周辺のビルを望めます。
窓際の席は東京駅と周辺のビルを望めます。

今回はしゃぶしゃぶを注文したのですが、ビール飲み比べセットを見つけたので、そちらも頼んで見ました。

クラフトビールの飲み比べセット。右から496、Afterdark(アフターダーク)、on the cloud(オンザクラウド)、COPELAND(コープランド)。
クラフトビールの飲み比べセット。右から496、Afterdark(アフターダーク)、on the cloud(オンザクラウド)、COPELAND(コープランド)。

一番好みだったのが一番右の496、次が一番左のコープランド。コープランドは飲みやすいビールでした。アフターダークはかなりコクがあります。そして、オンザクラウドは説明の通りフルーティーを前面に押し出した感じでした。

食べる前にかなり酔ってきながら前菜をいただきますが、ビールに夢中だったので、写真を撮るのを忘れてしまいました。

金華豚のしゃぶしゃぶ。タレはトビウオのタレだそうです。
金華豚のしゃぶしゃぶ。タレはトビウオのタレだそうです。

しゃぶしゃぶは金華豚の肉で、トビウオのタレが出てきます。あとは、野菜とご飯、漬物。鍋は空の状態で提供されて、席でお湯を入れ、固形燃料に火をつけてもらいます。

野菜の分量が多めなので、固形燃料がなくなる前に野菜を入れて食べまくり、金華豚は野菜のあとの楽しみにします。

肉はお湯に入れたらすぐに色が変わります。赤い部分がなくなったら、タレにつけて食べると、口の中に肉とタレの味わいが広がり、幸せな気持ちになります。

ご飯がちゃんと付いているのが嬉しい。炊き方は硬めで自分好みなのがよかったです。

シャーベットと巨峰。
シャーベットと巨峰。

食後はシャーベットと巨峰が付いてきました。

お値段は合計で4,860円で、内訳は、

  • ビール飲み比べセット: 1,000円
  • 極上金華豚しゃぶしゃぶ: 3,500円
  • 消費税: 360円

ちょっと贅沢な休日のランチとなりました。このあと、歯医者に行って頑張ったからいいよね1

平田牧場 極

住所: 東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー6F

ウェブサイト: http://www.hiraboku.info/shop/butaniku/kiwami/

平田牧場 極
  1. あらかじめ前週に予約を入れていました。歯医者って、なかなか予約取れないよね。