iOS 11からiPhoneで片手キーボードが使えるように!

iOS 11にアップデートして、iPhoneで片手キーボードが使えるようになりました。

今回のiOSバージョンアップで、サイズの大きいiPhoneでも片手で打てるように、片側に寄せることができる設定が追加されたのです。

片手キーボードの設定は以下の通りです。

  1. 設定から一般を選びます。

    設定の一般を選択。
    設定の一般を選択。
  2. 一般でキーボードを選択します。

    キーボードを選択。
    キーボードを選択。
  3. キーボードの中にある片手キーボードを選びます。

    片手キーボードを選択。
    片手キーボードを選択。
  4. 左側、右側、寄せたいほうを選びます。

これで、キーボードが片側に寄りました。反対側の矢印をタップすると、元に戻すことができます。

右側に寄ったキーボード。反対側の矢印をタップすると元に戻せる。
右側に寄ったキーボード。反対側の矢印をタップすると元に戻せる。

また、片手キーボードは地球のアイコンを長押しすると、設定アプリを起動しなくても、簡単に設定することができます。

地球アイコン長押しでも片手キーボードを設定可能。
地球アイコン長押しでも片手キーボードを設定可能。

iPhone 6 Plusを使っているのですが、キーボードは両手打ちです。iPhone 5を使っていた時代は片手で打っていました。

iOSが片手キーボードを採用したのは喜ばしいことですが、正直、いまさら片手は打ちづらい。両手打ちに慣れてしまっていますので、圧倒的に早く打つことができますし、それに大きいiPhoneを片手で支えながら入力するのは、ちょっとつらいと感じています。

少し設定してみましたが、結局は両手打ちに戻ってしまいました。

設定方法の動画です。