CanonからNikonへ行くのか

Canon EOS Kiss Digitalを使ってきた。しかし、最近はNikonに移行かどうしようか悩んでいる。

きっかけは、彼女がカメラに興味を持ち始めたことだ。メディアの影響か、カメラメーカーの戦略が功を奏したのか、最近はカメラを持っていると言うと女性が興味を抱くことが多い。特にデジタル一眼レフカメラを持っていると感心される。いい時代になったものだ。

そんな時代に彼女がカメラに興味を持つのも不自然ではない。やはり、女性というのは流行に敏感なものだ。彼女はやはり最近流行のミラーレスのカメラが欲しいと言っていた。私に買わせようと思っていることは見え見えだったが、あえて否定はしなかった。私も写真を撮るのは好きなので、同じ趣味を始めてくれるのであれば嬉しいものだ。

その代わり中途半端にミラーレスにするぐらいなら一眼レフカメラにしたほうがいいと説得した。なぜなら、ミラーレスカメラは意外と高額だからだ。だったら、デジタル一眼レフカメラのエントリーモデルのほうがいい。レンズキットモデルを選べば最初からレンズもついてくる。撮像素子も大きいので、ミラーレスよりもきれいな写真を撮ることができる。

そして彼女はNikonに走りやがった。うん、わかる。最近のNikonのマーケティングはうまいと思う。すると私はどうしようかというと、将来に一緒になることを考えると、レンズにそれほどお金を賭けていないいまの段階で乗り換えるほうがいいのかなと思うわけだ。ふたりで別々のメーカーでレンズも別々に買うよりも、同じメーカーでそろえてひとつのレンズをお互いに融通し合うほうがいいと。

私の手持ちのレンズは3本で、ひとつはレンズキット付属のもの、もうひとつはシグマの望遠レンズ、最後に有名な撒き餌レンズの3本だ。それほど出費は多くない。Lレンズに走る前にこういう状況が訪れたことに対して、逆に感謝したほうがいいのかもしれない。

なのでCanonに対するこれ以上の出費は抑えて、あとは移行のときのために貯金をしておくべきだなと考えている。