Google地図検索から通常の検索へ戻れなくなった?

Google検索のUIが以前より使いづらくなっている。地図検索から通常の検索に戻るときに、上部のメニューから検索キーワードを保ったまま戻れていたが、それができなくなっていた。

Google検索のUIが改悪されたようだ。Google検索の結果一覧の画面を見てみると、上部に地図検索やニュースなどのリンクがあったが、それがなくなっている。検索キーワードを入力するテキストボックスの下に表示されているが、それは検索する内容によって位置が変わるので、間違えてクリックしたりする。

上部のメニューがなくなったことで、ユーザビリティが極端に悪くなっている例をひとつ挙げるとするならば、通常の検索と地図検索とのアクセスが一方通行になってしまったことだ。

例えば、銀座でヘアサロンを探したいので「銀座 ヘアサロン」のキーワードで通常検索をする。

Google検索

このような画面が表示される。ここで地図検索をして、位置情報からの結果を見てみたくなって「地図」をクリックする。

Googleマップ

すると、地図検索の結果が表示される。

Googleマップ

ここで幾度かキーワードを変更しながら検索をする。そして、いまのキーワードで通常検索に戻りたいと思い立つ。通常検索のリンクがないので、トップの「Google」のロゴをクリックしてみる。

Googleマップ

なんと、Googleマップのトップにきてしまった。Googleというロゴから、てっきりGoogleの通常検索に戻ることができると思いきや、Googleマップのトップである。しかも、キーワードは保存されていない。

Google検索アイコン

通常検索へのリンクがなくなったのかと思い探してみて、きわめてわかりづらいメニューのアイコンから通常検索へのリンクを発見する。そこでクリックすると…

Google検索トップ

なんと、通常検索のトップに戻り、いままで検索したキーワードはなくなっている。

以前、上部にメニューがあった頃のUIでは、「地図」をクリックしたらキーワードを保持したまま地図検索が表示され、「検索」をクリックしたらキーワードを保持したまま通常検索が表示された。これは「地図」だけでなく「ニュース」など他のメニューでも同じであった。

Googleはなぜそれぞれの検索項目を移動するときにキーワードを捨てるという選択をしたのだろうか。通常検索からはキーワードを保持するが、戻るときは保持されない一方通行にしてしまう理由は何なのだろうか。

行きはよいよい帰りは怖い。

大きくなりすぎたいまのGoogleは、以前のような使いやすくてシンプルでいけてるUIを作り出すことができなくなってしまったのかもしれない。