RTしないと不幸になったり幸せになったりする画像をまわしてくるユーザーはブロックしよう たとえ友達でも

チェーンRTが主に学生層で出回っているようです。幸せになったり不幸になったりすることはありませんので、そういうRTをまわしてきたユーザーはブロックしましょう。

チェーンメールのTwitter版ともいうような、何人にRTしないと〜なりますという画像をまわしてくるユーザーがいます。楽しい画像であろうが、不気味な画像であろうが、迷惑であることに違いはありません。こういうRTが回ってきても決してRTしてはいけません。

こういう画像をRTしてくる人は、本気で不幸になったりすると信じているのでしょうか。

しかもくっついている画像も画像で、テキストで書いた文字を画像化しただけの手抜きのものだったりします。もう少し凝ってもいいのでは…

画像を張るのはしゃくなので、過去に見かけたものを覚えている限り、テキストで例としていくつか挙げてみます。

RTすると幸せになります。

君はいま幸せかい?

RTしないと不幸になります。

不幸になる画像を人に押し付けるんだ?

RTしないとあなたの大事な人が死にます。

少なくともこれをRTした君は大事じゃないから。

RTしたら恋が実ります。

これがきっかけで失恋しないといいね。

RTしたらテストでいい点が取れます。

いまTwitterやっている段階で既に詰んでいるよ。

RTしたらお金持ちになります。

アフィリエイトリンクのほうがまだ現実味があります。

RTしないと呪われます。

RTされた人から呪われないといいね。

RTしないと呪われるなどのツイートはこれをRTすると無効化されます。

そんなにRTしてもらいたい?

RTしないとハゲます(人物の画像付きで)。

その写っている人に失礼でしょ。

RTしないとやばい、真ん中の子はこの世にいないんだって(集合写真で)。

だから、その人に失礼と何度言ったら…

こういう画像をRTしてくるユーザーはブロックするに限ります。たとえ、それをまわしてきたユーザーが友達であっても勇気を出してブロックしてみましょう。そして、その友達にブロックした経緯を話してみてください。これ以上やらないならブロックを解除してもいいと。さらに、こういう画像をまわしてくるユーザーはともにブロックしていこうと誘ってあげてください。

また、似たようなもので「助けてください」などのSOSを求めるツイートがあります。こういうツイートもRTしてはいけません。本当に助けが必要なら行政機関に連絡すべきです。RTする暇はありません。アプリがフィルターに対応しているなら「拡散希望」という言葉を登録しておくとこういうツイートの目撃を減らせます。

最後に総務省の引用で終わりにします。

◆電子掲示板やミニブログ

また、電子掲示板やミニブログでは、情報を広めるための仕組みが用意されており、簡単に広めることができることから、「拡散希望!」という書き込みを多数みかけます。しかし、情報を改変可能な形で広めてしまうと、チェーンメールと同じような問題を発生させることがあります。

重要な情報は、頻繁に報道されますので、報道や行政機関など信頼できる情報源で真偽を確かめ、チェーンメールや書き込みに惑わされることなく、冷静に対処してください。

総務省|チェーンメールを受け取った際は、転送は止めてください!

カテゴリーSNS