オンラインでドコモの2年縛り契約を解約する方法

トラブルの多い2年縛り契約であるドコモのファミ割MAX50/ひとりでも割50をオンラインで解約する方法を紹介する。

訂正(2012年4月13日): 契約満了月に解約すると解約金が発生しないと書いたが、正しくは契約満了月の翌月に解約すると解約金が発生しない。

ドコモのファミ割MAX50/ひとりでも割50は何かとトラブルの多い契約である。2年単位の契約であり、途中で解約する場合は契約の年数に限らず解約金が発生する。しかも違約金は9,975円と意外に高額だ。つまり、契約満了月の翌月以外に解約すると高額なお金を払わないといけない。お金を支払わずにドコモのファミ割MAX50/ひとりでも割50の解約チャンスは2年にひと月しかない。

いろいろ話題になったり、裁判沙汰になったりしているようだが、契約は契約である。自分の意志で契約したのであれば、その契約に従うべきである。だが、やはりいざというときに解約したい場合などを考えると自由度の低い契約であるといわざるを得ない。そんな自由を得たい場合に、ちゃんと契約満了月の翌月に解約しよう。

ドコモショップに行けばファミ割MAX50/ひとりでも割50は解約できるが、ここではオンラインで解約する方法を述べる。まずはMy docomoのアカウントを作成しよう。契約内容を変更したり、請求金額を確認したりするときに便利なので、作成しておいて損はない。

アカウントを作成してログインしたら「各種お申込・お手続き」にアクセスする。

「割引サービス」の「基本使用料割引サービス」にある「ファミ割MAX50/ひとりでも割50」にアクセスする。

まずは契約満了月を確認しよう。ここで契約満了月の翌月になっていない場合は解約すると違約金がかかる。まだ契約満了月の翌月になっていない場合はTodoやカレンダー、スケジューラーなどのツールを使って、契約満了月の翌月の月初めにリマインダーを表示するようにして解約する月に忘れないようにしておこう。

契約満了月の翌月になっている場合は解約の手続きをする。そのまま指示に従っていけば解約できるはずだ。この絵の場合はまだ契約満了月の翌月になっていないので、解約にはお金がかかる。お金がかからずに解約できるのは5月の翌月ということになる。つまり、私の場合は6月までおあずけだ。

オンラインで手軽に契約通りに解約してお金がかからないように注意しよう。