カフェ・ラミルとドクターフット

いままで日記といいつつ少し硬めの記事ばかりを書いてきたので、これからは本当に日記っぽいだらだらと書き綴る文章も少しずつ増やしていきたい。

仕事中に足の裏がうずいてくる。こういうときは決まって行きたくなる場所がある。行きたくなるというか、足の裏がそろそろ行けよと催促してくる。ドクターフットだ。ドクターフットは足裏マッサージの店で、少し痛目のマッサージが売りだ。

以前、まだテレビを見ていた頃にアド街で見たのを覚えていて、XPERIA X10を買いにドコモの浜松町店に行った帰りに立ち寄ってからはまった。どうしてドコモの浜松町店まで買いに行ったかというと、当時はXPERIA X10は人気でどこも在庫がなかった。周辺のどこもショップに電話をかけまくって、ようやく見つけたのが浜松町店だった。お取り置きをしてもらって、購入してから帰りに立ち寄ったのだ。

足がうずくとなると予約をしないわけにはいかない。予約をしておいて仕事帰りに立ち寄る。1時間ほど早めに浜松町に到着したので喫茶店で時間をつぶすことにする。浜松町貿易センタービルの地下にカフェ・ラミルがあるのでそこに立ち寄る。

マロンのシフォンプレートとコーヒーラミルブレンドを注文した。プレートのセットメニューで1300円だ。シフォンケーキにコーヒーゼリーとモンブランがついてくる。モンブランがアイスになっていることに気づかずに、いきなり溶け出して驚いた。慌ててアイスのモンブランから平らげる。シフォンケーキが予想外に大きかったのでお腹いっぱいになった。

時間をつぶしてからドクターフットに行く。足裏マッサージ30分コースを受ける。痛いところはいつも決まっている。消化器系と目の疲れが着ている。それから腰だ。揉まれながら親指にある角質の硬くなっている部分に触れられて、角質ケアのコースもあると宣伝を受けるが、あいにくカッターで切っていると返すと驚かれる。これもいつものこと。足の形に切れば角質だけ切ることができるので、わざわざお金を払ってまでケアしてもらうまでもない。

揉まれたら足が楽になる。以前購入したシェアカードという6ヶ月有効な回数券で支払いを済ませて、店長の笑顔に見送られる。自然に出てくる笑顔なのか作られた笑顔なのかはわからないが、ずいぶんと気合いの入った笑顔で送られる。

足取りも軽く家路を急いだ。

少し雨が降りそうだ。