Ankerのケーブルが1年ちょっとで故障 やっぱり純正がいいのかも

1年ほど前に購入したAnkerのLightningケーブルが故障しました。

Amazonで購入したAnkerのナイロン製のLightningケーブルが断線しました。外側は何もないのですが内側の線が切れているようで、充電中にちょっとケーブルを動かすと接続が切れてしまいます。

ケーブルの取り扱いは気をつけているつもりで、しまうときは逆相巻きをして、根元の部分が曲がらないようにマジックテープバンドで留めていました。同じしまい方で純正のケーブルは2年以上はもっています。ケーブルの取り回しが便利なほうがよくて短いものに買い換える目的で導入したので、実は純正ケーブルはまだ故障していません。

純正ではないにしても、さすがに1年ちょっとで故障するとは思っていませんでした。Ankerは以前、充電器が3ヶ月ほどで故障したことがあり、品質面でちょっと心配があったのですが、ネットの評判はよかったので使い続けていました。

まあ、こういうのは純正が一番いいのかもしれませんね。特に電源周りはちょっとした故障で大事故にもつながり得るものですから、安全なものを使いたいものです。