アップル de シナモンがおいしい

アップル de シナモン

間食するなは苦しい

健康に関する記事や本、あるいはダイエットに関する記述に間食は控えるべきだという主張がある。確かにごもっともだと思う。体の健康やダイエットでやせるためには余計なものを食べないという主張は理にかなっている。甘いものの食べ過ぎが健康を害したり、食事以外に胃にものを入れることが体を太らせたりしていることは否定できない。

だが、無理だ。

間食をしないのはつらい。間食を控えることでストレスがたまって精神的におかしくなるぐらいなら、間食をして多少太ったり、健康のリスクを増やす方がましだ。

遠慮せずにどんどん食べよう。

どうせ間食するなら体にいいものを

間食がやめられないのであれば、間食のときはできるだけ体にいいものを食べてみる。たまにはチップス菓子などのジャンキーなものもいいけど、できるだけ体にいいとされるものを積極的に取り入れていってみるといいと思う。

そこで見つけたのがアップル de シナモンというお菓子だ。ナチュラルローソンに売っている。リンゴのドライフルーツにシナモンが振りかけてある。昔、デニーズでよくシナモントーストを好んで食べたので、シナモンというだけでぐっときてしまった。

袋を開けたときにシナモンの香りがするだけでもう幸せである。味はほぼリンゴのドライフルーツの味だ。リンゴは体にいいというし、ドライフルーツなので手軽に取れるということも嬉しい。

ただ、最大の問題点はナチュラルローソンの店舗数が少ないというところだ。昔から思っていたが、ローソンはすべてナチュラルローソンになればいいのにと思う。今でこそ、一般のローソンでほっとデリが出てきたが、昔はナチュラルローソンだけだった。店舗内でパンを焼いたりして出しているのはいまだにナチュラルローソンだけだ。

頻繁に店舗数の少ないナチュラルローソンには行けないので、行ったときにまとめ買いしておくといいのかもしれない。