すぐに謝ることの大切さ

人は間違えるものです。間違えたときにすぐに謝ることができる人は、たとえその間違いで人に不快感を与えてしまったとしても、それほど好感度は下がらないものです。

この世の中に完璧な人はいません。人はよく間違えます。勘違いすることもあります。それは仕方がないことです。誰にでも起こりえることなのです。だから、間違えたら素直に認めて謝ってしまいましょう。

人は誰だって間違えることですから、間違いが見つかったとき、人から間違いを指摘されたときは素直に認めて謝ったほうが、いい印象を与えることができます。

上っ面の言い訳をしたり、嘘を重ねたりしてもすぐにばれてしまいますし、一度間違いを認めないという行動をとることで、印象は悪くなるものです。

例えばTwitterで書き込んだ内容が間違えていたとします。その間違いを指摘されたとき、自分が間違えていないという言い訳は、どこかしら見苦しさを感じてしまいます。

もちろん、指摘したほうが間違えて自分が正しいことが明らかな場合は自分の正当性を主張するといいのですが、明らかに自分が間違えているときに、自分が間違えたのではないと主張することや、間違いが起こった出来事の責任を他人に転嫁したりする行為は、指摘した本人だけでなく、見ている周りの人も気分を悪くさせてしまいます。

SNSで誤りを素直に認めない態度を見せると、すぐに炎上してしまいます。そして、結局は謝罪の文を掲載したり、アカウントを削除したりするはめになってしまうのです。だったら、最初から謝っときましょう。

素直に謝れば、それだけで印象がアップすることもあります。素直に間違いを認めるという潔い態度が高感度に貢献することもあるのです。もちろん、好感度が確実にあがるというわけではないですし、これは結果論なので、謝るときは誠心誠意、間違えたことに対して謝りましょう。

その誠実な態度、見ている人は見ているものです。