ベルボンUT-63Qで三脚に活躍の場を与えよう!

ベルボン社のUT-63Qを購入した。持ち運びに便利な三脚を導入することで、いままで以上に三脚に活躍の場を与え、三脚撮影の機会を増やしていく。

夜景撮影の回数 = 三脚を持ち運ぶモチベーションの高さ

夜景撮影は三脚を使用することが一般的だ。三脚を使用しなくても撮影できないことはないが、やはり三脚があったほうがきれいな写真を撮ることができるし、シャッターを開放したままにできるので、面白い作品作りができる。

そして、夜景撮影をするときによく感じる三脚を運ぶ煩わしさ。これはどうにかならないものかとずっと思っていた。三脚はかさばるので持ち運びに不便だし、ちょっと店に入って休憩するときにも置き場所に困るし、旅行のときは荷物になって大変だし、なんで自分はこんなに苦労しなくてはいけないんだ、ただ夜景を撮影したいだけなのにと思うし、いろいろ難儀なのが三脚を持ち運ぶことだ。

三脚を持ち運ぶのがそれほど苦でなければもっと積極的に三脚を使った撮影を行うのだが、荷物になることを考えると「まあいいか」と三脚を置いてきてしまうことが多くなる。三脚は現場に持っていってなんぼなのだ。置いてきてはいけないんだ。

荷物にならない三脚がいい

三脚の一番のデメリットは荷物になること。ならば、荷物にならない三脚があればいいじゃないか。荷物にならないなら、持ち運ぶことも苦にならないし、三脚を気軽に持ち出すことができるようになる。三脚を気軽に持ち出すことができれば、三脚を使った撮影の機会もグンと増える。

持ち運びやすい三脚はないのか?

あった!

ベルボン社のUT-63Qという三脚だ。何がすごいかというと、持ち運びやすいサイズまで伸縮可能だということだ。百聞は一見に如かずということで、写真で見ていこう。

UT-63Qケース

箱から出したら、持ち運び用のケースに入っている。

UT-63QケースとiPad Air

まずケースの状態でiPad Airと比較してみる。iPad Airよりもちょっと大きいぐらい。これぐらいなら持ち運ぶこともそれほど苦にはならない。

UT-63QとiPad Air

ケースから出してみよう。収まりよくたたまれた状態で出てくる。雲台もはみ出してなく、しっかりと収まっている。これはポイントが高い。雲台だけ妙な角度ではみ出して、結局一部が大きくなって持ち運びづらいというのはよくあることだ。

UT-63Q

足を反対側に折ってたてる仕組みになっている。自由雲台には水準器もついているので、水平を取ることも容易だ。しかもクイックシューになっているので、カメラの取り付け取り外しもすんなりできる。

UT-63Q

足の角度はもっと広くでき、低い位置からの撮影もできるようになっている。

UT-63Q

もっと足を広げてみる。

UT-63Q

足は雑巾を絞るように回すとのばすことができるようになる。すべてのばしきると大体1m50cmぐらいになる。

これほどのサイズの三脚が30cm以内に収まるサイズになるのがすごい。

まとめ

三脚は持ち運びやすいものを買うのがいい。多少予算はしても、持ち運びにくい三脚を買って結局使わず、三脚を使わないことで写真撮影の趣味に対するモチベーションが下がってしまっては意味がない。三脚は持ち運びやすいものを導入して、夜景撮影きれいとか自分取り楽しいという状態にしておいたほうがいい。

これからUT-63Qが相棒に加わったので、どんどん三脚を持ち運んでいい写真をたくさん撮影していきたいものだ。