捨てるって気持ちいい!

部屋はきれいにしているつもりですが、使わなくなったもの、着なくなった衣類など、出してみると大量にあってすべて捨てたら、かなり気持ちよかったです。


きれいに生活しているつもりでも、どうしてもたまってしまう物たち。別に物欲にあふれているわけではないのに(ええ、最近マシになったんです)、気がつくと使っていないものがあふれかえっています。

物だけだはなく、昔は着ていたけど趣味、趣向が変わったり、時代遅れになってしまったりで着なくなってしまった衣類なども自然と増えていきます。穴があいた靴下とかもすぐに捨てればいいものを、なんとなくとっておいたりするものだから、部屋がいらないものでいっぱいになってしまうのです。

そんな奴らを一気にかたづけようと休日の一日を使って、不要なものを捨てまくりました。

いやぁ、気持ちよかったです!

ものを捨てることがこんなに気持ちいいものだとは。もちろん、いままでも大掃除などでものを捨てまくったことがありましたが、今回はかなりの量を捨てたので、スッキリ度もいままでで最大級でした。大きい袋で大体7袋ぐらいあったかしら。

使っていないものや着ていない服は当然のことながら破棄です。もしかしたら使うかも思ったものも捨てました。いままでの掃除の経験から、もしかしたらはほぼこないことがわかっています。服も1年以上袖を通していないものはゴミ袋へ。もったいないと思っても、保存して置くスペースを確保するのがもったいないという発想にしていけば、捨てづらいものでもすぐに捨てられます。こうして厳しいジャッジを繰り返しながらものを捨てていくと、かなりの量になりました。

持ち物が減れば探し物も減って行動がシンプルになりますし、見た目もスッキリして気分がいいです。部屋も少し広くなった感覚があります。そして、なによりもやり遂げた感でいっぱいです。

みなさんも、今度の休みにでも捨てまくってみてはいかがでしょうか。