Transmit 5購入時のメールのダウンロードリンクがバージョン4のリンクになっている!

Transmit 5を入れなおそうと思い、購入したときのメールにあるダウンロードリンクからダウンロードしたら、旧バージョンがダウンロードされました。

macOSをクリーンインストールして、アプリを入れなおしていました。Transmitも最近バージョンアップしてTransmit 5になったので、購入していたものを入れ直そうとしました。

ところが、ダウンロードしたものでシリアル番号を入力しても有効なシリアル番号ではないといわれて、購入したライセンスを有効にすることができませんでした。

Transmitのシリアル番号が有効にならないときのダイアログ。
Transmitのシリアル番号が有効にならないときのダイアログ。

なんどやってもうまくいかないので、サポートに連絡しようとバージョン番号を控えようとしたら、なんと旧バージョンであるバージョン4を使っていることが判明しました。Transmit 5の購入時のメールからダウンロードしたつもりが、間違えてしまったのかと思ったのですが、どうもメールのリンクが旧バージョンに変更されているようでした。

メールのリンクが変更というと、なんかおかしいのですが、こういうことです。

Transmit 5購入時のメール。
Transmit 5購入時のメール。

Transmit 5購入時のメールには「download Transmit 5 here」というリンクがあります。

Transmit 5購入時のメールのリンク。
Transmit 5購入時のメールのリンク。

このリンク先のURLは「https://panic.com/transmit/d/Transmit-Latest.zip」となっています。つまり、最新バージョンのリンクがそこになっているということです。なのでリンクをクリックすると、最新バージョンのバージョン5がダウンロードされるはずです。ところが…

Transmit 5購入時メールのリンクをクリックすると、Transmit 4.4.13がダウンロードされる。
Transmit 5購入時メールのリンクをクリックすると、Transmit 4.4.13がダウンロードされる。

Transmit 4.4.13がダウンロードされました。これに気づかずに解凍してそのままアプリケーションフォルダに突っ込んで起動した結果、旧バージョンとわからずにライセンス認証しようとしていたということになります。

そこで正しいバージョンがダウンロードされるリンクを探しました。こちらです。

https://panic.com/jp/transmit/#download

ここにアクセスして「Transmitをダウンロード」をクリックしていただくと、最新版のTransmitがダウンロードできます。

Transmitライセンス有効時のメッセージ。
Transmitライセンス有効時のメッセージ。

無事にライセンスを有効にすることができました。

わかりづらいので、早く直ればいいなと思っています。

カテゴリーMac