コートなしで粘るには

何かとかさばるコートはできるだけ着ないようにしたほうがいいですよね。寒くなってきても、コートなしでなんとか粘る方法をお教えします。

寒くなってきましたね。

コートを着ていますか?

私はまだ着ていません。

もう少し寒くなってくればコートを着ることになるとは思いますが、まだスーツのままで大丈夫です。昨年までは寒くて11月の終わり頃には既にコートを着ていましたが、今年は寒くなるのが早かったにもかかわらず、まだコートは着ていません。

コートは暖かくていいのですが、何かと邪魔になったりします。着るともこもこして動きづらくなりますし、外は寒いといっても室内は暖房が効いていて暑かったりしますので、コートを脱ぐことになるのですが、そうするとコートを片手もって歩かないといけません。オフィスや学校などハンガーやロッカーがある場所では、その場所にかけておくという手間も増えます。

なので、できるだけコートを着る期間を短くしたほうが少しでも楽ができていいわけですが、寒いのにやせ我慢してコートを着ないほど根性が座っているわけではありません。では、寒い中コートを着ないでも寒さをそれほど感じない方法があるのでしょうか。

あったんですっ!

私も今年気づきました。

どうしたかというと、去年までと防寒着をつける順番を逆にしようと考えたのです。

去年までは次の順番で防寒着をつけていました。

コート → マフラー → 手袋

今年は、まず手袋をつけたのです。つまり、防寒着をつける順番を次のように変えました。

手袋 → マフラー → コート

実際にはまだマフラーはつけていませんので、手袋までですが、あんがい手袋をしていると寒さを感じないということに気づいたのです。

冷静に考えてみると、すでに服を着ている場所をコートで覆うよりも、肌が露出している手を手袋で覆ったほうが防寒の効率はいいわけです。肌が露出している場所に冷たい空気が触れて熱が奪われていくわけですから、肌の露出を減らせば熱が奪われなくなるのです。

こんな当たり前なことに今年ようやく気がついたのです。

ただ、周りはコートを着ている人も多く、このことに気がついていない人も多いのかなと思いブログに書こうと思った次第です。

なので、次のターゲットは首回りを覆うことになります。襟のあるシャツを着ているのでまだ大丈夫ですが、もう少し寒くなったらマフラーのお世話になるでしょう。

寒いからコートを着ているけど、正直コートって邪魔だよねと思っている人は、ぜひ手袋から入ってみてください。

寒さの度合い次第ですのでどれほど粘れるかはわかりませんが、まだまだコートを着なくてもいけそうです。