「恋人(夫婦)同士だからスマホをロックしない」はやめたほうがいいたったひとつの理由

スマートフォンやフィーチャーフォンなどのモバイルデバイスに付属するロック機能を、恋人や夫婦同士が「隠し事をしないように」という理由で使わないのは危険なことです。

スマートフォンやフィーチャーフォン(携帯電話、ケータイ、ガラケー)などのモバイルデバイスに付属するロック機能は、保存されているデータを守るための大切な機能です。ところが、このロック機能を疎ましく思う人もいます。特に、恋人同士や夫婦であれば相手のモバイルデバイスがロックされていると、秘密を隠しているとか、浮気しているのではとか、やましいことがあるからロックしているなどと思う人もいることも確かです。

しかし、いくら恋人同士や夫婦でもモバイルデバイスをロックしないという運用はやめたほうがいいです。それはひとつの理由につきます。

なくしたときに無防備だから。

モバイルデバイスというのは持ち歩くものです。たとえどんなに気をつけていても、なくしたり、忘れたりすることは否定できません。モバイルデバイスをロックしていないと、自分が知らない人に対してモバイルデバイスに入っている情報が無防備にさらされてしまいます。

なくしたモバイルデバイスを見つけてくれた人が善意で警察に届けてくれればいいでしょう。しかし、すべての人がそのような人であるとは限りません。いたずらの電話をかけたり嫌がらせのメールを送る人もいるかもしれません。モバイルデバイスにおさめられているデータのほとんどは大切な個人情報です。そんな個人情報を盗んで名簿業者に売り飛ばす人もいるかもしれません。

その個人情報は自分だけのものではありません。自分の家族や友達、仕事の連絡先を登録しているなら大切な取引先や顧客のデータもあります。モバイルデバイスをロックしないということは、誰でもその重要なデータにアクセスできることを意味します。

自分が困るだけならいいですが、自分以外の人にも迷惑をかけることになり、それが自分の信頼を落とすことにもつながってきます。

なので、恋人だからとか夫婦だからという理由で、隠し事をしないという担保を確保するためにスマートフォンやフィーチャーフォン(携帯電話、ケータイ、ガラケー)のロックをしないという発想は改めることをおすすめします。

もっとも、相手のモバイルデバイスをいつでも覗けることが担保できないと成立しない信頼関係はそもそも終わっているとは個人的には思いますが。