Evernoteが固まったときの対処法

Evernoteで編集しようとしたら固まるようになりました。私の復旧した手順を紹介します。


まずはじめに、すべての固まる事象が私の場合と同じとは限りません。今回の私の場合はたまたま復旧できたので、その手順を紹介するものです。

ノートを編集しようとすると固まる

iPhoneで、Evernoteにつけていた日記を編集しようとしたら、固まって反応しなくなってしまいました。強制終了してやり直しても、キャッシュをクリアしても、アプリを一度削除してインストールし直してもダメ!

iPhoneからEvernoteの編集はけっこう頻繁に使います。ほぼiPhoneからアクセスすると言ってもいいぐらいです。この状態ではEvernoteを使っている価値がなくなってしまいます。

どのクライアントからも同じ

iPhoneがダメならMacだとどうか?

そう思い、Mac版のEvernoteからアクセスしてみたら、こちらでも固まってしまいます。Webからも試してみたのですが、症状は同じで、編集しようとしたら固まってしまいます。これではEvernoteがまったく使えないので、いままでのデータとかどうしようとか、プレミアムプランやめようかとか、いろいろなことが頭をよぎります。

この段階で、サポートに連絡しないとダメだと判断してサポートに症状を伝えてなんとかしてほしいと泣きつきました。

旧バージョンのWeb版で確認したら…

サポートに連絡したのが日曜日の夜なので、月曜日の営業時間には回答が来るのでしょうが、そんなのは悠長に待っていられるほど人間ができていまさんので、何度も試したり、サードパーティー製のアプリからアクセスしてみたり、いろいろしてみました。

その中で、Web版を新しいベータバージョンにしていたのを旧バージョンに戻してみたら、固まるノートが編集できることを確認できました。

そして、ノートを見てみると、多量の改行が入っていていました。改行が多量に入っていた部分は、いつもEvernote上で別のノートからコピペで新しいノートに持ってくる部分です。コピペしていくうちに、何かのタイミングで改行が不正に挿入され、その改行が膨大な量になっていたのです。

ちなみに、この改行はクライアントアプリからは確認できませんでした。つまり、意識しないし、確認もできない改行が膨大に入っていたことによってノートが肥大化し、ちょっとした編集でも固まるようになってしまったのだと推測します。

結論: Evernote上でコピペするな!

Evernote上でコピペするなというのが、今回のトラブルで学んだことです。むろん、Evernote上でコピペしても、ちゃんとコピペできるようにしてもらいたいものですが、Evernoteアプリの質が悪い以上、ユーザー側で対処するしかありません。

最近、Evernoteは新しい機能とかサービスを積極的に発表していますが、安定性がなおざりになっているのではないかと感じます。

100何続く企業を目指すなら、しっかりと足元を固めてもらいたいものですね。

いざというときは、安定しているWebの旧バージョンを使うと、問題が見えてくるかもしれません。同じような症状でお悩みの方は、Webの旧バージョンで固まるノートにアクセスしてみることをオススメします。

カテゴリーIT